FC2ブログ

All archives    Admin

08月≪ 2019年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2012'04.18 (Wed)

袋帯の変わり結び5種類    さき

先日の「かがみや」さんで、結婚式に出席される方に着付けをさせていただきました。
自分の記録として、帯結びをまとめてみようと思います。
(顔出しの許可をいただく時間がなかったので後姿のみ。。。)

帯結びの名前と解説は本より抜粋しています。


『枝梅』
(簡単で、手早く結べ。しかもゴージャスなので、喜んでいただける帯結びです)

帯結び1

朝一番のお客様、背が高い方なので立て矢系の帯結び。
ゴスペルシンガーをされているすてきなかたでした。
帯飾りに真っ赤なお花は、髪飾りとのバランスで選びました。



『葵立て矢』
(双葉ひだ二つと飾り紐のチャーミングなデザイン)

120414渡邉様

これは長さがないアンティークの帯にぴったりの帯結びだと思います。
前もって、お花になる「双葉ひだ」を作っておくと手早く結べます。
シンプルですが帯の柄の可愛さが引き立ちます。



『パンジー』
(パンジーの愛らしさをイメージし幸せの花びらを幾重にも重ねました。
シンプルな手順でありながら、華やかな仕上がりを約束します。)

パンジー

お母様から、豪華に大きく結んで欲しいとのご要望があって、事前に決めていた帯結びを急遽変更。
華やかで可愛らしいこちらの帯結びにしました。



『孔雀』
(インパクトのあるひだで、孔雀が羽根を広げた姿を表現しました。)

くじゃく

オリエンタルな雰囲気の帯なので、個性的な帯結びを選びました。
完成形はお手本とは違いますが、可愛く結べてると自画自賛。



『千の流れ』
(曲線が重なる美しい造形は三重紐ならではの技)

千の流れ

ハリのある帯だったのでひだが美しく見えるように結びました。
この帯結びは、何回か結んでいるお気に入りです。



かがみやさんで着付けるときは、基本帯もアンティーク帯です。
アンティークの帯は、長さも短いものが多いし、帯自体が重くて結びにくかったり。
帯が厚くて、ひだが取りにくかったりするので、帯結びを選ぶのは大変です。

今回は、前夜に帯を見ながら、あれこれ考えて、でも実際に決定したのは当日。
ほぼ、ぶっつけ本番でした。

はっきり言って、帯結びの結び方をカンペキに頭に入れるのはムリ!!
この年になると、覚えは悪いし、忘れるのははやい!!

今回は『振袖大好き!振袖の華やか帯結び100選』という本。
そして『帯スタイルー帯結びテクニック集』という二冊の本を見て選びました。


帯結びは、ご本人には見えないのですが、結び終わった時鏡で後を見ていただくと。
「わあ!!」って喜んでいただける。その笑顔をみると幸せになります。

今回偶然同じ結婚式に列席の方がたくさんいらっしゃって、帯結びをそれぞれ変えてよかったです。
やっぱり「かぶっちゃや~~~よ!!」ですもんね。

反省点もありますが、これからも喜んでいただける着付けと帯結びをめざして頑張ります!!



にほんブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
関連記事
16:05  |  着付け  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

No title

ご指摘ありがとうございます。
アンティーク着物なので、身丈や身幅が足りず、着付けに難があるのは反省点です。
アンティークであっても、もっと綺麗な着付けができるよう精進しなくてはと思います。
さき | 2012年04月19日(木) 08:08 | URL | コメント編集

No title

帯結びは工夫されていますが、後ろのおはしょりの処理と、おはしょりの下(ヒップのふくらみ)に弛みとしわが気になりました。
一人だけじゃなく皆さんがそうなので着付けのくせなのか、気が付かないのか?
とても目立ちますよ。
fiona | 2012年04月19日(木) 07:50 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pinamama.blog96.fc2.com/tb.php/2305-38fdf904
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |