All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2016'10.19 (Wed)

じいさまの納骨旅行改め東京旅行③

東京旅行最後の一日、残念ながらお天気は雨。
雨ですが、東京スカイツリーに登りました!
K伯母が、予約チケットを購入してくれてたのでやっぱ登らなきゃね!と。

東京スカイツリーの大きなエレベーターに乗り込むと、天井には幻想的な模様が。
江戸切子で、隅田川の花火を表現したものだそうです。
エレベーターはそれぞれ四季の名がついていて、各々細工が違うのだとか。
あきたちが乗った江戸切子の天井は、夏がイメージなんだそう。
乗り込むと、カップ麺より早く展望室に到着。ゆっくり天井を見上げる時間はナカッタ。。。
どんだけ優秀なの、日本のエレベーター。。。

展望室の窓ガラスから覗くとそこには東京の町が。。。ナイ。見えない。
真っ白に煙って何も見えない、まじか。雲より高いスカイツリー。
仕方ないので雨天時用に作られたと思しき撮影ブースで写真を撮ってもらいました。



うん、これ背景は布なんだけどね、東京スカイツリーに行きました、の体は整うよね。
晴れてたら本物の東京の街を背景に写真が撮れたのかー。。。惜しかった。

スカイツリーを降りてきた後は、『東京ソラマチ』にある「隅田水族館」へ。
入るなり、館内にはアロマのいい匂い。大人の癒しスポットって書いてあったけど本当だ!
お目当てのクラゲは施設が改装中でちょっと残念でしたが、ペンギンさんたちに癒されました。
個人的には、「チンアナゴ」の水槽が好きでした。ムーミンのニョロニョロみたいで可愛い。

さて!あとはお土産を買って帰らなきゃ!!てことでソラマチでお買い物♪
和雑貨ばかりを集めた「ジャパンスーベニア」というフロアは見ごたえ十分。
一番行きたかったかんざし屋さんでお買い物しちゃいました!
ネットでいつも眺めてた憧れのかんざし屋さん『かんざし屋wargo(ワーゴ)』。
一目ぼれした、鳥さんが付いた可愛いかんざしをゲットしてきました!!

。。。。。エ?おまえショートカットじゃん??
。。。。。知らない聞こえない!!だって欲しかったんだもん可愛かったんだもん!!

毛先がブルーの可愛い店員さんも、ショートカットでも使えますよ♡って言ってたもん!!
髪にさせなくとも、帯飾りにもできるからいいんだもん!!
その他、次女殿の分のお土産やらなにやら買い込んで、さてお昼ごはん。

お昼ごはんはベルギービールに、ムール貝(仏)フィッシュアンドチップス(英)。
それにアメリカンナチョス(米)、カルボナーラスパゲティ(伊)という多国籍なゴハン。
節操ナシともいう(笑)美味しいからいいの。
(それにしても旅行中、ずーーっとビール飲んでるなこの人たち)

お土産を買い終えたところでタイムアウト!!はああ~長崎に帰らなきゃ。。。
短かったけど充実した東京旅行でした。
ちなみにこの旅行中一日一万歩位歩きました。もうね、足が棒。
それだけ歩いたけど、倍上のカロリーをビールで摂取。。。(;'∀')
プラマイプラス。。。体重計が怖いわ。

そんなこんなで今回の東京旅行は幕を閉じたのでありました。
みなさま、お疲れさまでした。
そしてこの駄文に付き合ってくださったそこのアナタ!
本当にありがとうございました!!
以上、あきの東京旅行レポでした!!

16:37  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'10.18 (Tue)

じいさまの納骨旅行改め東京旅行②

東京旅行二日目は、本来の目的であるじいさまの納骨からスタートでした。
で・す・が、この納骨のくだり、多分面白くないので(笑)
納骨が終わったところからスタートしたいと思います!
(旅の本来の目的をこんなに雑に書いても良いのか)

二日目は、浅草のホテルから隅田川沿いを歩いて『東京江戸博物館』へ。
メンバーは、あきさき・M伯母・K伯母の4人(オトンは単独行動)
は~るのうらら~の♪で歌われる隅田川!初めてゆっくり傍を通りました。
なかなかいいもんですね。大きな川沿いを歩くのって気持ちいい。
途中に「アサヒビール本社」のビルがあるんですが。。。
(とっぺんに金色の変なオブジェが乗ってるとこ)
そのビル横にあるクラフトビールのお店に入って腹ごしらえ、ならぬビールごしらえ。
旅行の醍醐味、昼ビール。あきは「吾妻橋ペールエール」というビールを飲みました。
おつまみに頼んだ、ジャーマンポテトと合うんだこれが!(´▽`*)
足取りも軽く、両国のあたりを歩いていると「横網(ヨコアミ)」という地名を発見。
さきさんがすかさず「さすが両国だね!横綱(ヨコヅナ)って地名があるのねー」
。。。。と。いや。。。それ網(アミ)ですよさきさん、よく見て!網だから!!

『東京江戸博物館』はさきさんリクエストだったんですが、想像よりもはるかに規模が大きい!
とにかく広くって、たくさんのジオラマがありました。

P1015495.jpg

さきさんとM伯母が立ってる橋も、屋内にあるんです!

P1015497.jpg

江戸の町のミニチュア。さすがにクオリティー高い!!
町だけでなく武家屋敷や、江戸城のミニチュアもありました。
江戸城のミニチュアを見ながら。。。

さき「あ!ココ松の廊下だっ!!」
M伯母「忠臣蔵!!」
あき「殿!殿中でござるっ!!」

なんてね。
江戸の町の一分の一スケールのジオラマも見ごたえたっぷり。
江戸時代にタイムスリップしたみたい!

P1015499.jpg

P1015500.jpg
ココでは着物の洗い張りをしているらしい。

P1015507.jpg
こちらは「草紙問屋」さんです。

江戸時代の屋台もありました。ここはお寿司屋さん。
。。。ってさきさん、なにやってんの。寿司屋になりきるんじゃない!!

P1015508.jpg

ここでクイズです!!
江戸時代、人気のあるお寿司屋さんの見分け方があったそうですが。。。
何処を見れば、そこのお寿司が人気かどうかわかったのでしょうか??

答えは、暖簾。だそうです。立ち食いが基本の屋台スタイルのお寿司屋さん。
お寿司を食べた手を、屋台の暖簾で拭くので、人気店の暖簾は汚かったんだそう。

江戸時代と言えば、「火消」!火消と言えば「纏(まとい)」!
火事の時、ここが火事だよ!って合図するために振り回していたアレですね。
その纏を持ち上げてみようってな体験コーナーがあったので、やってみました。

M伯母挑戦。
P1015504.jpg

あきも挑戦。
P1015505.jpg

。。。。。。重ッッッ!!!!(纏は大体25キロくらいだったそう)
これを屋根の上で振り回すとか、絶対正気じゃない。。。(-_-;)

ぼてふりの魚屋が担いでいた桶?を再現したものもあったので担いでみる。

P1015510.jpg

。。。。。。重ッッッ!!!!
これを担いで走り回るとか、絶対正気じゃない。。。(-_-;)

さらに千両箱を持ち上げてみようってのもあったんですが。。。
これまた重ッッッ!!!これを担いで逃げるとか鼠小僧絶対正気じゃない(-_-;)
江戸時代の人は力持ちだなぁ。。。

そして「江戸の美」というコーナ―ではこんなものが展示されていました。

P1015514.jpg

「江戸っ子好みの意匠」。。。ああ、これきもの文化検定受験の時さんざ勉強したわ(;´Д`)
でも、キレイなお振袖なんかも展示してあって、それは目の保養でした。

P1015515.jpg

P1015516.jpg

なにせ館内が広いのでずいぶん回りきるのに時間がかかりました。。。
足痛い。。。(´;ω;`)

この日の夜ごはんは、宿泊しているホテルのレストランでフレンチのコース!
美しい都会の女、従妹ちゃんも合流して、みんなでちょっとエエモン食べましたよ。
みんなで集まったらエエモン食べに行くのは一族の恒例行事。
スカイツリーと満月を眺めつつのフレンチ、ワインうまー。ジントニックもうまー。
なにもかもがシャレオツで、昨日の晩ごはんと比べるとエライ違い。
いや?昨日は昨日で美味しかったんだよ?日本酒もつまみも美味しかったんだよ?
あ、あれだよ。「みんな違ってみんないい」(金子みすゞ)
。。。ここでかの美文を持ち出すか。
月が登るのとともに東京の夜は更けてゆくのでありました。

03:21  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016'10.18 (Tue)

じいさまの納骨旅行改め東京旅行①

じいさまの納骨にかこつけて(?)行ってきましたよ、東京!!
久しぶりの飛行機にビクビクしながら、着いた東京お天気は快晴!
これは出だしがいいや!いい旅行になりそうだ(´▽`*)!!
いやーしかし東京何年ぶりかしら??花のお江戸へようこそ!
(誰も言ってくれないので自分で言う)

P1015423.jpg

羽田空港で、福岡から来たM伯母と合流して、さっそく羽田空港→宿泊先の浅草へ!
浅草行の電車に乗ったところで、さっそくねえさん事件です!
なんと!電車内で、元フィギュアスケーター小塚崇彦さんを発見!( ゚Д゚)!

takahiko.jpg

もうね、二メートル圏内だったから!こんな間近で見ちゃっていいの?
声をかけたい気持ちをぐっっっと堪えてガン見にとどめましたよ。
うわあああサイン欲しかった!せめて握手~~!!
あき、人生で初めて間近で見る有名人がたかちゃんだとは思わなかった!!

そうこうしてるうちに電車は浅草へ到着。ホテルに荷物を預けてお食事を済ませ。
(お蕎麦屋さんでお昼からビールを飲む駄目な大人が四人いました。。。)
さっそく東京観光開始です!
浅草→上野という王道のお上りさんコース( ´艸`)

まずはM伯母の希望で「上野動物園」に行ってきました!
しかし。。。大人四人で「上野動物園」。。。子連れでもないのに(笑)
タクシーの運転手さんにも「上野動物園ですか!」って三度ほど確認されました。
エエ、そのお気持ちはわかりますが、この四人はガチです。

「上野動物園」、たくさんの動物がいてどこもかしこも見たい!
でも時間の都合もあるので、個人的メインだけをめぐることに。。。

P1015428.jpg
シロフクロウとか。

P1015431.jpg
ズクさんとか。

P1015442.jpg
エミューとか。

P1015444.jpg
ペンギンとか。

。。。。。。鳥ばっかりじゃないか!!(゚Д゚)ノコラ!!
いや、シロクマとかライオンとかトラも見たのよ。写真が無いだけで!

そして伯母がどうしても見たい!って言ってたのがコチラの仏頂面。
イエイエ、「ハシビロコウ」さんです。
。。。伯母よ、なぜ今ハシビロコウなのだ。。。??(笑)

P1015462.jpg

P1015451.jpg

デッカイくちばしが特徴のハシビロコウ、あんまり動かないのでも有名。
遠目からですが憧れのハシビロさんとの初対面に満足そうなM伯母でした。

。。。。。。やっぱり鳥ばっかりじゃないか!!(゚Д゚)ノコラ!!

ハシビロコウという豪華な前菜のあと、あきさき、M伯母共通のメインディッシュはコチラ。
「マヌルネコ」です!!ヤマネコなんですけれどもそんなに大きくない。
手足としっぽがぶっとくて、目がくりくりしててとーっても愛らしい。
サイズ感としては、伯母の家の猫くらい(推定8~10キロ)

P1015455.jpg

P1015458.jpg

お顔を中々撮らせてくれない恥じらいのマヌルネコさん。
あまりの可愛さに伯母が一言。「ウチでも飼えそうな気がする。。」
いや!伯母よ!いちおうこのコは野生種ですからっっ!

しかし、あれです。。。さすがに土曜日の上野動物園。
動物よりも、遊びに来てる小さなお子さんの数のが多いんじゃ?って賑わいぶり。
途中ジャイアンみたいな少年がぶつかってきたときは、あき本気でヤな顔したよ(笑)
しかもこっちがすっごい一生懸命動物見てたら、後ろから「見えなーい!」のアピール。
知るかいっ!!大人になって背が伸びてから出直したまえよ!!
一歩も譲らない大人げない大人たち(笑)

園内をイロイロ見て回ったけど、この日に見た一番感動した生き物はやっぱあれですよ。
小塚崇彦さんだったよね!!←失礼千万。でもでも感動したんだもん

予想よりもはるかに上野動物園でハッスルして時間をかけてしまったので。。。
お次に向かった「国立科学博物館」は駆け足、ていうかダイジェスト。

P1015463.jpg

とにかく「恐竜の骨」が見たい!ってことで、その他の資料は斜め読み。
もうちょっと時間があったら、ゆーーーくり見て回りたかったけど巻きで!時間巻きで!

P1015471.jpg
いっぱい海洋生物(剥製)が天井に!

P1015474.jpg
個人的に大好きなユキヒョウ(剥製)

P1015479.jpg
マンモスの骨。牙が長い!そしてデカイ!!

そしてこちらが一番見たかった「ティラノサウルス」の骨!!
デッカイなー!!さすが最強の肉食恐竜!!

P1015489.jpg

だけど説明読んでたら、ティラノさん、なんと羽毛が生えてたらしいよ。
しかも走る速度は約時速20キロ前後。自転車以下かよ!
そして鳴き声は、鳩に似るそうな!くるっくー。
。。。ナニソレ。。。可愛い。泣ける。全然怖くない、ティラノさん。
「ジュラシックパーク」の頃の威厳をどこへやったの!?


P1015492.jpg

博物館外のクジラのモニュメントの前で記念撮影してホテルへ戻りました。

夜ごはんは、浅草の町に繰り出しました。
あきのリクエストで、居酒屋?日本酒バル?な『酒の大桝』というお店へ。
おつまみがリーズナブルなお値段(380円から~)で、美味しい。これはなかなか。
日本酒飲み比べセットをあきは頼んでみたのですがこれもなかなか。
うん、いいお店だ!

オトンさまが、飲んだ後さらに日本酒と地ビールをお買い上げ。
もう!これはおつまみ買って帰ってホテルでいっぱいしなきゃじゃない!!
てわけで、浅草の賑わう「ホッピー通り」を見学して、途中トリのカラアゲを買って帰りました。
ホテルでもビールを飲み飲み、いい心持ちで就寝。

一日目の夜はこうしてダラダラリンと更けていったのでした☆

00:50  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'05.05 (Tue)

熊本、湧水巡りの旅

GW、皆様いかがお過ごしでしょうか??
九州はなかなかお天気に恵まれず、ぐずぐずした連休になりました。

ところが本日は、急にどうしたの!?ってなくらいの晴天に恵まれまして。。。
どこにもおでかけできていなかったあきさき、鬱憤を晴らすように家族旅行に行ってきました!
旅行といっても日帰りですが。。。長崎からオトンさまの車でブイーンと熊本までGO!!

P1013982.jpg

美しい阿蘇山を車窓から。
途中、熊本県名産(?)赤牛さんたちにも出会いました!

P1013988.jpg

可愛い、というべきなのか、美味しそうというべきなのか。。。
近くに『赤牛のステーキ』のお店がたくさんあってなんか切ない(笑)


あきリクエストで、今回の旅行は「湧水めぐり」の旅です!
あきは前世が人魚だったのか?ってくらい美しい水が大好きなのですよ。
(人魚じゃなくて半魚人という説もある・笑)

まずは一番有名?なんじゃないかしら『白川水源』へ行きました!

P1013992.jpg

P1014001.jpg

だいぶ観光地化が進んで、周囲にお店が増えたりしていましたが湧水の美しさは変わらず。
水が透明すぎて、魚が泳ぐ姿や水草が揺れる様子がくっきりはっきり見えます。

P1013995.jpg


写真の真ん中のやや青みがかったところからはこんこんと水が沸いています。

P1014002.jpg

もちろん湧き水は飲むことも出来ます!美味しいです!
湧き水を汲んで持ち帰ることも出来ます。

P1013994.jpg


話は変わりますが、駐車場から『白川水源』に向かう途中に「パワーストーン」のお店があります。
そこのお店のおじさん、生年月日を言うと無料で占いをしてくれるんです!
しかも試しに占ってもらったらかなりの的中率!!
あきは「ちょっと慎重になりすぎて二の足を踏むところがありますね」って言われました。
。。。うう、当たっていますその通り。
ちなみに、さきさんもやってもらったんですが。

おじさん「アナタはつねにギアがトップに入っていますね!」
あき「当たってるーーーー!!!!」
さき「どういう意味!!?」
さきさん、ノンストップ(笑)

二人して、このおじさんのお店でそれぞれにパワーストーンを買ってきました。
。。。なんか、うまいこと乗せられちゃったような。。。??


次の水源地は『明神池名水公園』。

P1014020.jpg

P1014028.jpg

こちらの池も透き通る水がとっても美しいです。
たくさんの鯉が泳いでいました。ちなみにエサやり可。
案の定、さきさんはエサを楽しそうに与えていました。。。

P1014030.jpg

池に向かう道なりに咲く、藤の花もとってもキレイでした。

P1014017.jpg

P1014029.jpg
※写真奥にぼんやり映っているのがオトンさまです(笑)

P1014019.jpg
さきさん、良い笑顔。


最後に向かったのが『池の川水源』。

P1014043.jpg

こちらはわりとこぢんまりした水源で、あまり観光客もいませんでした。
古くから村の農耕を支えてきた、と看板にあるように、地元の方が水を汲みにきてらっしゃいました。

P1014040.jpg

大き目の水汲み用の柄杓がつるされてありました。
地元の方から親しまれている水源なのかな?
大きな木の下に湧いている小さな水源地でした。

P1014044.jpg


たっぷり美しい風景をみて、帰りの道も阿蘇の風景を満喫して帰ろう♪
と思っていたあきですが、寝不足(三時間睡眠)がたたり、帰りの道中ほぼ寝ていました(爆)

行き帰り、計8時間近く、運転して熊本までつれてってくれたオトンさまありがとう。
。。。。。そして爆睡しちゃってゴメンナサイ。

GWも残り一日ですが、明日からはまたお天気は崩れる模様。。。
オトンさま、さきさん、素敵な休日をありがとうございました♪


にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
20:40  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'04.05 (Sun)

初の着物旅☆二日目~桜の頃の秋月~

母娘着物旅、二日目は御宿みやこの美味しい朝ごはんから始まりました。
昨晩しゃぶしゃぶをあんだけ食べたのに。。。!完食したのに!
朝になると健全にお腹が減るんだから、あきの胃袋大したもんだ!

P1013731.jpg

しかしさすがに食べ終わってから、着物を着るときは、全ての紐をゆるゆるに結びました。
苦しいのヤなんだもん。ちょっと着姿がぐだっていますが、お許しを(笑)

御宿みやこで朝ごはんをがっつり食べて、着物に着替えて、チェックアウト。
さて、旅行二日目は、福岡の秋月へ桜を見に行きました。
秋月の桜は満開でした!情緒があってとってもきれい!

P1013739.jpg


P1013732.jpg

さて、思う存分借景して、「七緒」風写真を撮るのよ!
息巻いて行ったものの、この観光客の多さ、なんじゃこりゃーーーー!
借景しようにも、屋台と人が多すぎて出来やしない!春の秋月、ナメてたわ!

なので「七緒風」をちょっと意識したフツーのお花見写真をお届けします(笑)

P1013738.jpg

P1013742.jpg


着物を着てると、けっこうな確率で声をかけられるあきさき。
素敵ですね、と言っていただけるのでうれしいのですが、勝手に写真撮るのは勘弁して欲しいです。
明らかにこっちにレンズ向けて無言でシャッターきるのはやめて欲しい。
まあ、景色の一部としてカメラに収めておきたいんでしょうけども。
一言きいてくれたらいいのに。。。そしたら笑顔で応対するくらいには善良なのに。
。。。思い切りカメラ目線で変顔すんぞ、コノヤロウ(笑)

秋月では、あきさき以外にも着物姿の女の子4人組がいらっしゃいました。
自分で着たのか、レンタル着物なのかわからないけど、カワイかったです☆
。。。きっと彼女たちも「ぶしつけカメラマン」の餌食になったんだろうな(笑)

落ち着いてポージングもできないままに秋月観光終了。。。
あーーん、もうちょいいっぱい写真撮りたかったよー!
心残りはあるものの、楽しい旅行でした。

P1013741.jpg

二日間の着物旅、母と娘だからできる贅沢旅。
一緒に着物を着て、お互いの帯を結び合って、美味しいもの食べて、きれいなものを見て。
旅館のお布団でごろごろして、温泉入って、お花見して、笑いあって。。。
そんなことって、この年齢の母娘になると中々出来ないんですよね。

さきさん、運転お疲れさまでした、楽しかったね。
また、着物でお出かけしようね。


にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
21:44  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'04.01 (Wed)

初の着物旅☆一日目夜~宝泉寺温泉~

日田の豆田町を後にして、さあいざゆかん!「宝泉寺温泉」!!
またもコンテちゃんでかっとばして、1時間と少しで温泉郷にたどり着きました。

途中、ナビが不思議な道路を案内してくれて、これで本当にたどり着けるの!?
と、一瞬疑いましたが。。。疑わしいのはあんたら方向音痴母娘ダヨ!!(笑)
ハイ、無事たどり着きました!

P1013700.jpg
山の中にぽつんと看板が(笑)

お世話になる旅館『御宿みやこ』に3時過ぎ、チェックイン。

宝泉寺温泉は、本当に鄙びた温泉郷でした。
静かで長閑で、とことんリラックスできるそんな空気。
泊まった旅館「みやこ」は、本当に昔ながらの旅館!という感じです。
古い建物なのでそんなにキレイじゃないけれど、おばーちゃんちみたいで落ち着きます。
仲居さんのカンジがとても良くて、気持ちが良い温泉宿。

フロントにはコーヒーと、なぜか芋焼酎のサービスが(笑)
自由に飲んでいいそうですのでお言葉に甘えて、まず一杯。

P1013713.jpg

P1013712.jpg

いただきまーす♪
ちなみにアルコール度数25度の焼酎でした。それをそのまま生で飲む母と娘(笑)
氷くらいはいただきなさいよ!!

そして、玄関には足湯。
荷物を部屋に置いたらそうそうに足湯に出かける母娘です。
なんでかちゅーとですね、ただの足湯じゃナイんデスよコチラ!

P1013688.jpg
さき「くすぐったーーい!!」

分かりますでしょうか??さきさんの足に群がる小さな黒いお魚。
「ドクターフィッシュ」というお魚です、足の角質などをとってくれるんです。

P1013691.jpg

さき二回目、あき初めての「ドクターフィッシュ」体験。
あまりのくすぐったさに悶絶。

あき「もーいい、これ以上つつかれたらアタイ笑い死にするヨ!」
さき「じゃ、散策でもしてみる?」

。。。というわけで、温泉郷をお散歩。
風が涼しくて気持ちが良いなかをテクテク。
スーパーマーケットすら見つけられない温泉郷。
やたらと潰れかけか?てなスナックが多い温泉郷。
。。。どうしよう、大好きになりそう(笑)

P1013695.jpg


散歩から戻り、着物を館内着の浴衣に着替えて、お次はお風呂へ。
「源泉かけ流し」の温泉、まずは露天風呂に入りました。
も、これがTHE・露天風呂という感じで最高でした。
あの風景と温泉を断絶する柵が無いので、外の風景が目の前に!目の前、山!
はあ~~気持ちエエなぁ。。。露天風呂を満喫です。

そして6時からはお楽しみ!豪華夕食タイムです!
温泉で体はポカポカ、あとはこの「飢え」を満たすのみ(笑)
まずはビールでカンパイです。さきさん運転お疲れ様でした!

P1013719.jpg


P1013714.jpg

P1013715.jpg

P1013721.jpg

お刺身にカルパッチョに、鮎の塩焼きって。。。すごくない?
そして、メインの豚シャブ!すごいボリュームです!4人前くらいありそう。

P1013716.jpg

仲居さんも、言ってらしたけどボリュームがあるので完食出来る方が少ないそうな。
しかし、この興奮した肉食系女子(そのまんま)あきをナメんじゃないよ。
全部残さずお腹におさめて見せましょうとも!!

P1013725.jpg

いつの間にやらビールタイム終了。
さきさんは日本酒、あきは梅酒を頼みました。
さきさんの日本酒、『リラック酒(リラックシュ)』、ネーミングが可愛い(笑)

P1013726.jpg

あきが頼んだ梅酒は、アルコール度数20度。梅酒にしては度数高めなのかな?
仲居さんが心配そうに、水割りを勧めてくれましたが。。。

あき「ロックで。
20度のお酒一杯くらいで酔うもんか(笑)
ああ、なんて可愛げのない発言かしら。。。!!
そしてさらに可愛げがないことに、ワタクシ、お肉を全部キレイにたいらげました(笑)
だって豚シャブ大好きなんだもの、しかもいい豚肉!お残ししたらもったいないじゃない!
野菜ががっつり残っちゃったけど☆
※あきの主成分は、糖分・たんぱく質・白ご飯です。

ごはんの後、浴衣の紐がえらいことキツくなって大変でした(笑)
もう、食べ過ぎるからよ!!

食後はおばーちゃんちに泊まりに来た感覚で、お部屋でごろごろ。
さらに夜11時を過ぎてもう一度お風呂へ。
露天風呂に浸かっていると、なにやらとてもキレイななにかの鳴き声が聞こえてきました。

あき「こんな時間に鳥。。。じゃないよね?」
さき「多分カジカガエルだよ、キレイな声で鳴くカエル」←動物に詳しいさき。
あき「本当にキレイ。でも“君の声はキレイだね、まるでカジカガエルだよ”って口説かれたらうれしくないよね」
さき「そんな男はいないと思うよ

こうして「御宿みやこ」での夜は更けて行ったのであります。。。

「初の着物旅☆二日目~桜の頃の秋月~」へ続く!!


にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
08:47  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015'03.31 (Tue)

初の着物旅☆1日目~大分県は日田の豆田町へ~

旅行初日は、大分県日田にある豆田町を訪れました♪

さきさんの愛車コンテくんで、朝9時過ぎに家を出て日田へと向かいました。
さきさんの運転で旅行だったので、さきさんの腰が治ってて本当に良かった。。。
もうね、さきさんの腰が駄目だったら旅行もアウトーッ!ですから。

長崎から日田の豆田町までは高速道路を利用して2時間くらいです。
普段は退屈な高速道路ですが、今は桜のシーズン。
あちこちで桜の花が満開、菜の花も満開、景色がとても美しい!
それを眺めながら、バビューンと車を飛ばしていざ豆田町!!

P1013646.jpg
日田に到着~!!目的地の豆田町までもうチョイ!


11時ごろ、豆田町に無事到着!

P1013671.jpg

豆田町は小さいけれどとても風情がある町で、着物で歩くには最高のロケーションでした。
メインの通りはもちろん、横道にもかわいい雑貨屋さんやお菓子屋さんがあります。
あちこち見て回りたい!。。。でもまずは腹ごしらえです。
と、いうことで事前にリサーチしていたお蕎麦屋さんにGO!

P1013652.jpg

『草八(そうはち)』というお蕎麦屋さんです。
こちらでお昼からちょっとリッチに1500円の「御幸弁当」をオーダー。
野菜寿司やゴマ豆腐などの前菜に、ざるかかけのお蕎麦、デザートもついてきます。

前菜。
P1013647.jpg

野菜寿司、ゴマ豆腐、卵焼き、和風のガレットなどなど。
はしっこの白い器の中身は温かい豆のスープ、蕎麦の実が沈んでいます。

お蕎麦。
P1013650.jpg

出汁がわりと薄味で、さっぱりとしたお味。
細い麺は、全然ぼそぼそしていなくてつるるっといただけます。
デザートは、小さなお善哉でした。こちらも上品な甘さで美味しかった!

お食事も美味しかったけど、コチラのお店、店構えがとてもステキ。
細い通路を通り抜けると、このような素敵なお庭があって一番奥にお蕎麦屋さん。
お庭がいいロケーションすぎて思わず借景しちまいましたよ(笑)

P1013654.jpg


「借景」と言えばですね。。。
豆田町で借景写真を少しだけ撮ってまいりました。
どこもロケーションが良くて着物本の「七緒ごっこ」には最適!!
やってみましたよ、ナチュラル路線で「お着物ごっこ」の「七緒ごっこ」。
※モデルの寸が足りませんが「ごっこ」だから、見逃してつかーさい。

あきさき借景コレクション☆

P1013658.jpg

P1013659.jpg

P1013662.jpg

ちなみに、この借景ポイントが何の建物かと言いますと。。。

ヒント1、ちょっと分かり辛いかな?
P1013660.jpg

ヒント2、この大きな苔玉みたいなもの、見覚えありますよね。
P1013661.jpg

ヒント3。
P1013664.jpg

。。。。ヒント3はすでに「答えあわせ」ですね。
ハイそうです、地酒の販売もある「酒蔵資料館」での借景でした!
(どこに行ってもお酒デスカ!!)

上三枚の写真は古い酒蔵の中で撮らせていただきました。
ついでにこちらでオトンさまへのお土産の日本酒を購入しました。
写真でさきさんが提げてるビニール袋の中身はもちろん酒です☆


こんなカンジで借景して遊びながらお買いもの、ウィンドウショッピングです♪
ウィンドウといいつつ、どのお店もショーウインドウ無いんですけどね(笑)

田舎町のイメージがある豆田町ですが意外にも雑貨屋さんが多い!!
しかもどこもけっこうおしゃれ、それでいて町の景観を崩さないんですね。
古い民家を改装したような店構えの雑貨屋さんでみかけたオリジナル下駄可愛かった!
鼻緒がすごくカワイイ角下駄、買おうか迷っちゃいました。
(下駄がこれ以上増えると収納できない、と言う理由であきらめたけど)


さて、ちょいと歩きつかれたのでここいらで栄養補給しましょう。
女子の「栄養補給」といえば甘味!ちゅーわけで甘味処へ立ち寄りました。
『珈琲談義所・嶋屋』というお店です。

P1013677.jpg

すごーく古めかしい店内はとっても落ち着くカンジ。
たくさんの著名人が訪れたのか、サインが飾られていました。
コチラのお店で、抹茶だんごセットをオーダー。

P1013673.jpg

P1013675.jpg
さきさん、幸せそう☆

だんごがトロリンと箸から逃げるほど柔らかくって感動!
お抹茶もたっぷりで美味しかったです♪
甘いものですっかりご満悦な母娘。
お店の前で写真を撮ろうとしてたら、親切なおじ様が撮ってくれました。わーい。

P1013681.jpg

ナイスな記念写真☆

豆田町をがっつり散策して、甘味を食べて、時間は2時を過ぎたところ。
ではそろそろ豆田町にさよならして、今夜のお宿のほうへ移動しましょうか。
お宿は、鄙びた温泉郷、宝泉寺温泉の『御宿みやこ』。
豪華なご飯と、温泉が待ってるぞー!

というわけで、「初の着物旅☆一日目夜~宝泉寺温泉~」へ続きます!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
17:27  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.17 (Sun)

京都旅行記3日目   さき

3日目の旅行記はさきが担当いたします。
なぜなら、この日の計画を大プッシュしたのが私なので。

P1011488.jpg

朝8時にホテルを出発し、JRにて嵯峨嵐山駅へ。
目的は、「トロッコ列車」と「保津川下り」です。
前もって姉に福岡で列車のチケットを取って置いてもらったので、1号車に乗り込みました。

保津川に沿って、約20分、眼下に広がる絶景を楽しみました。
「あんな細いトコを船でくだっていくの!?」
と保津川下りの先行きがちょっと不安になったり。。。

P1011503.jpg


JR亀岡駅に着くと、列車に乗る前に予約しておいたタクシーが保津川下りの渡船場まで案内してくれます。
(ちなみに、バスもありますが、3人だとお値段的にそんなに変わりません)

亀岡に着くとすっごく霧が深くて、空気もひんやりしていました。霧の名所?だとか。
ここで、伊達の薄着をしてきたあきに、ジャッケトをかしてあげる優しい母、さき。
旅行前から、上着は持って行けって言ったのに!!
もう、若い娘は着膨れがいやなんてわがまま言って!!

渡船場にはすでに待ってる人がいっぱいでした。
案内に従って、順に船に乗り込みます。
いざ、保津川くだりです。

船頭さんは3人一組で持ち場をローテーションしながら、船を進めていきます。
約16km、2時間の船旅です。

P1011507.jpg

船頭さんが3人とも話がうまくて、いろいろ飽きさせないパフォーマンスでもりあげてくれます。

ただし、私たちの後ろの席の3人組のおばちゃんたちが、あまりにうるさくてちょっとうんざり。
陽気なのはいいけど度を越すとはた迷惑なんすよね~~。。。朝からお酒入ってらっしゃるし。
苦笑いするしかなかったです。

P1011510.jpg

川から、トロッコ列車を見上げて、手を振ってみる。
(ちなみに私たちの川くだりは朝一番のコースなので、トロッコ列車の車窓から川くだりは見えませんでした)

川はなだらかなところ、スリリングなところと色々変化に富んでます。
私的にはもう少しスリリングがお好みでしたが。。。
(でも、泳ぎが得意でないので、事前にライフジャケットというかライフベルトのチェックは入念にしました)
こういう穏やかなのもいいですね。

P1011517.jpg

お船の上は、飲食は自由です。
(後ろの方は飲んでましたし。。。しつこく言いますが)
終盤にはこんなお楽しみも!

P1011532.jpg

P1011535.jpg

お船の売店。イカ焼きに飲み物、おでんにみたらし団子。
船頭さん「イカ焼きはサイコーですよ!!今朝この川で捕れたばかりのイカですから!!」(笑)
(ちなみに、これを信じちゃったお客様がいたそうです。オイオイ)

その台詞に騙されたわけではなく、匂いにつられて買う人続出。
私たちは、三本300円のみたらし団子をいただきました。

P1011536.jpg

約2時間の楽しい川くだりは、嵐山の渡月橋近くでお終いです。
船を下りて、渡月橋近くのお蕎麦屋さんで昼食にいたしました。

その後は、賑わう嵐山銀座をぶらぶらして、小物のお店をのぞいたり。。。
とっても素敵な扇子をあきが誕生日プレゼントに買ってくれました。
(これについてはまた別記事で!)

私と姉は嵐山といえばの「天龍寺」を見学しました。
美しい庭園を眺め、季節の花がさく百花苑では、色々なお花を楽しみました。
しかしあきは。。。入り口でギブアップ!!

P1011555.jpg

あき「足が痛いから、おふたりでどうぞ。。。」

旅行前から、靴は歩きやすいのにしろって言ったのに!!
もう、若い娘はオサレなブーツなんか履いてきて!!
2日間の寺めぐりで、足が痛くなってきたらしくあきは天龍寺はパスしました。
罰当たりめ!


嵐山を後にして、嵐電にて京都の街まで戻りました。
京都駅でそれぞれ駅弁を調達して新幹線へと乗り込み、名残惜しいですが二泊三日の京都旅行はお終いとなりました。
紅葉の季節にはまだほんの少し早かったけれど、お天気にもなんとか恵まれ、素敵な旅でした。

私たちの京都旅行にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。
京都の記事について、間違いなどがございましたら、どうかお目こぼしくださいませ。


ランキング参加中です。よろしければ、ぽちっとお願いします

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
15:00  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.15 (Fri)

京都旅行記~寺旅二日目と美味しいゴハン♪~

京都旅行、二日目は祇園界隈の散策からスタートしました。
従弟君の奥様、佳織ちゃんにご同行願いまして。。。
女4人で、ゆーったりまーったりの祇園散策。

祇園といえば、やっぱり舞妓さん!。。。でーすーが。
残念ながらホンマモンの舞妓さんにお目にかかることは出来ませんでした。。。
でもあちこちに、その気配が感じられる風情ある素敵な街並みを堪能いたしました。

P1011428.jpg

P1011429.jpg

P1011425.jpg
こちらの表札に書かれてるのは、舞妓さん・芸妓さんのお名前かな??
カタカナの「イ」と見せかけて「ニンベン」と読むのね。。。


柳と紅葉のコントラストが美しい!
P1011431.jpg

P1011433.jpg
川沿いの通りは古都の雰囲気があってとても素敵でした!


祇園を通り抜けて、再び『寺旅』です!
この日は、『建仁寺』に行ってみました。

P1011477.jpg


P1011442.jpg


1202年、臨済宗開祖・栄西が開いた京都最古の禅寺だそうです。
栄西禅師は、禅を伝えただけでなく中国から茶種を持ち帰り、日本での栽培を奨励。
喫茶の法を普及した「茶祖」と呼ばれます。

なのでこの『建仁寺』にはお茶の木が植えられているのだそうです。
これはあき(紅茶暦3年・お茶暦6年)、さき(お茶暦1年半)は必見!
しかもお茶の木だけでなく「東陽坊」というお茶室もあり、外から見学できるそう。
これは後のお楽しみ♪

予想よりもはるかに広大なこちらの『建仁寺』、見所が沢山ありすぎ!
まず出迎えてくれるのは俵屋宗達の傑作『風塵雷神図屏風』(レプリカ)。

P1011443.jpg


それから一番の見所、「法堂(はっとう」へ。
平成14年、建仁寺創建800年を記念して天井に描かれた「双竜図」!!
これは見ないとイカンでしょう!!

ひろーーいお堂の天井を見上げてみると。。。

P1011447.jpg
スゴイ迫力!!

P1011446.jpg

『阿吽』の双竜が実に堂々と描かれています!
しばらく見入ってしまいました。。。


お次に向かったのは、ひろーーい建仁寺の隅に建てられたお茶室『東陽坊』。
あきさきにとっては貴重なお茶の勉強のチャンスです!

P1011457.jpg

が、しかし。。。
中をうかがってみると。。。。

P1011458.jpg

思ったよりもかなーーり地味!!侘び寂びの世界なんでしょうけども!!

M伯母「。。。。小屋??」
あき「せめて。。。せめて“小間”と言って差し上げて。。。。!!」


広大な建仁寺、これまた規模が大きい枯山水『大雄苑』を目の前に一休み♪

P1011450.jpg

P1011451.jpg
まったりしすぎだから!!!(笑)


P1011463.jpg
いや、本当にまったりしすぎだから、ね!?こちらお寺ですのよ!?

ここで、あき大発見!ってほどじゃあありませんが。。。
こちらの「建仁寺」の瓦、ほとんどに『建仁』の文字が刻まれています!
建仁アピールすごい!(笑)そんな書かなくてもわかりますて!(笑)

文字が刻まれた瓦の総数が気になるので数えてみました。
かおりちゃんが計算したところ、一番小さめの門ですら。。。

かおりちゃん「最低七十枚はあるよ」
あき「。。。数えるの、諦めましょうか。」


お庭に出ますと、椿のようなお花が咲いていました。
雨で、じゃっかん花びらが落ちてしまっていますが。。。

P1011473.jpg

さき「これなんのお花かなー?」
あき「椿、じゃないよねー??」

あき、さき、よくよく向こうを御覧なさいよ!
あの石碑は何なの!?

P1011470.jpg
ちょっと遠めでわかりにくいけど。。。

あきさき「!!!?」

そうですよ!!この「建仁寺」、茶祖のお寺ではナイですか!!
それにお茶の木の学名はカメリアシネンシス、椿科の植物じゃないですか!!
。。。ウッカリ忘れていました(本気で)
お茶(および紅茶)を習っててこれは。。。ダメじゃんワタシら!


予想よりもはるかに広かった「建仁寺」を拝観し終えて、遅めのランチタイム♪

京都=和食・懐石・おばんざい、なイメージがありましたがお昼はイタリアン。
食通かおりちゃんのオススメで、『リストランテ・ミサト』というお店へ。

P1011478.jpg

外観は『和』ですが、店内は落ち着いたおしゃれな雰囲気のイタリアンレストランでした。

美味しいものを少量で、品数豊富に出してくれるので女性に向いています。
ランチコースはデザートつきで2500円。

P1011480.jpg

前菜。
P1011481.jpg

パスタ二種。
P1011482.jpg

P1011483.jpg


お魚とお肉♪
P1011484.jpg

P1011485.jpg

一品一品が食材からとてもこだわって作られていてどれも美しい&美味しい~~!!
美味しいがちょこっとずつ出てくるので、味にあきるなんてこともアリマセン。
お店の店員さんのカンジもとてもよくって、お料理について細かに説明してくれました。

かおりちゃんのお気に入りだというデザート♪

P1011486.jpg

小ぶりのデザートが5種、お皿に盛られています。
どれもちょっと大人の味で、特にティラミスが絶品でした。
見事完食!!おごちそうさまでした♪


京都二日目は、祇園散策→建仁寺拝観→ランチ♪
。。。と初日に比べゆったりと過ごしました。
かおりちゃん、お付き合いありがとうでした☆


京都三日目は、さきさんの提案プラン、嵐山方面にお出かけしました。
と、いうことで京都旅行記三日目はさきさんレポートでお伝えします♪
ここまで読んでくださってありがとうございました。


ランキング参加しています!ぽちっとお願いします!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
21:10  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2013'11.13 (Wed)

京都旅行記~寺旅初日~

しばらくぶりの長崎!
しばらくぶりのブログ更新!
あきさき、福岡お仕事経由京都旅行より帰って来ました!ただいま我が城!

15年ぶりの京都旅行、あきさきと、さき姉伯母とで行って来ました!
楽しかった~!って、楽しかったって誰でも書ける当たり前な感想文。
なので具体的に旅行記を書こうかと思います。
長くなるかもですが、どうぞよければおつきあいくださいませ。


ワタクシ今回の旅行は女子旅!なんて書いちゃいましたが。。。
せっかく古都を訪れたんだから旧跡も見なくちゃね!
とかしてるうちに結果やっぱり寺旅になりました(笑)
京都の寺社の数とスケールなめてましたすみません。


京都寺旅初日。スタートは銀閣寺からという修学旅行とだだかぶりコース(笑)
一日目は銀閣寺から法然院そして南禅寺を参拝しました。

銀閣寺(慈照寺)、室町幕府8代将軍足利義政が造営。
金閣寺は15年前に参拝しましたが、銀閣寺は今回が初!
15年も参拝が遅れてごめん義政!(笑)

P1011298.jpg

参道を抜けて、お初目にかかります、国宝の本殿(銀閣)。
歴史の教科書でおなじみ、一階は書院造、二階は仏堂の二段構造。

P1011300.jpg

金ぴかの金閣寺に比べると感動は薄かったですが。。。
(スミマセンまだ侘び寂びちゅーもんがわかりませんで・汗)
遠くから、庭に造られた白砂の「向月台」と「銀砂灘」とセットで見てみるとなんとも美しい。

ちなみに砂盛り造詣の「向月台」と砂に描かれた「銀砂灘」は、月見のための仕掛けだそうです。
風流ですなぁ。

P1011307.jpg


見事な庭園も観たところで、お次の目的地へ。
観光コースの哲学の道は人が多いので、哲学することなく(笑)
裏道の閑静な住宅街を歩いて「法然院」に向かいました。

「法然院」は鎌倉時代初期、法然上人が修行した草庵の旧跡だそうです。

P1011322.jpg

趣あるどっしりとした茅葺き屋根の山門。
くぐってみると、水を表す枯山水の「白砂壇」が両脇にあります。

P1011325.jpg

P1011326.jpg

水を描いたこの場所を通ることで、全身が清められるのだそう。
院内では特別公開されている襖絵が見られました。
襖絵と、建造物内は撮影不可だったので目写真で!
。。。って、ブログで『目写真』は伝わりませんね。。。(汗)

院内は詫びた静寂な雰囲気で心が落ち着く感じがしました。
またこちらのお庭は椿の名所でもあるそうです。

P1011321.jpg


歩いてちょっと疲れたなって頃に『よーじやカフェ銀閣寺店』に行き当たりました。

P1011334.jpg

行きたかったお店だったのでこれはラッキーな偶然!立ち寄ってちょっと休憩。
京都の古民家がそのままオシャレなカフェになったような感じです。
二階に通してもらいましたが、そこからの風景も美しかったです。

P1011339.jpg

あきはかぼちゃのアイス、さきはお善哉、M伯母は柚子フロートをオーダー。
お手拭から、器から、「よーじや」マークでいちいちカワイイ!!

P1011341.jpg

たくさんナッツがのったかぼちゃアイス。お値段は680円。
観光地価格かと思いきや、予想外にボリュームもあってとても美味しかった~!

P1011342.jpg


初日のラストは南禅寺。
日本三大門に数えられるでっかい三門がお出迎え。

P1011345.jpg

三門は楼上に登ることができます。
そこからの景色はかの石川五衛門を『絶景かな!』と言わしめたほど。
では五衛門にならい登ってみましょう!!

P1011346.jpg

しかし楼上への階段はものすごい急勾配!ぎゃー!!
あき、泣きそうになりながら登りました。

P1011348.jpg

楼上からの景色は確かに絶景!
しかし高所が苦手なあき、絶景かなと高笑いどころか膝が笑ってへっぴり腰。
さきとM伯母は余裕綽々で五衛門気分。羨ましいぞ!

P1011350.jpg

そして下りはさらに恐ろしかった。。。というオチつき(笑)


次に行ったのは、『南禅寺絶好の撮影スポット』としてガイドブックに紹介されていた水路閣。

P1011365.jpg

なんというか神秘的。。。
ジブリ作品に出てきそう!というのが素直な感想です。
こちらも上に登れます。せっかくなのでトライ!
しかしいざ登ってみると三門と同じ結果に!
高いよ~!怖いよ~!もうお膝が笑いすぎてガクガクです!


そんなあきを癒してくれたのは、水路閣を抜けて階段を上ったところにある南禅院。
苔の緑が美しいお庭と池を心静かに堪能。

P1011380.jpg

P1011385.jpg

P1011377.jpg


しかしここでまーったりしすぎて気がつけば時計が四時を回ってる!
南禅寺は5時まで拝観できないのに!?
。。。しかし広いよ、南禅寺!広すぎるよ!
小堀遠州作の枯山水「方丈庭園」などを見学しまして。。。
最後に「天授庵」にたどり着いたのはリミットギリ。あと残り時間は10分!

P1011403.jpg

P1011409.jpg


「天授庵」の美しい庭園はすでにライトアップされてる時間帯。
走るようにして、お庭を巡って拝観時間ギリギリセーフ。
ゆっくりと見る余裕がアリマセンでした。。。残念。。。(涙)


この日はここでタイムアップ。
初日の宿泊は従弟くん夫妻のおうちにお世話になりました。

従弟君の奥様かおりちゃんが、美味しい手料理を振舞ってくれました☆

P1011420.jpg

かおりちゃんのお料理は本当に美味しい!毎回感動です!
ふかふかのお布団まで準備しててくれて、もう至れり尽くせり♪

従弟君、かおりちゃん、お世話になりました~~!!
私信:従弟君、お誕生日おめでとう!

かおりちゃんには、翌日の京都旅行2日目にもお付き合いいただきました。
というわけで、京都旅行記~寺旅二日目と美味しいゴハン♪~に続きます!
(更新が亀ですが、ドウゾお付き合いのほどを!!)


ランキング参加しています、ぽちっとおねがいします!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
11:17  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.26 (Fri)

一泊二日、黒川温泉の旅~食と温泉~

黒川温泉の旅、続きになります。
テーマはずばり「食」そして「温泉」!!
豊かな自然のなかで、たくさんの美味しいものに出会いました!

お宿のチェックインは3時からだったので、大きい荷物だけ預かってもらい、時間まで温泉街のお店を覗いたりしながら、まったりと散策。ゆっくり過ぎていく時間を楽しみました。

P4240323ブログ

雑貨店をのぞいたり。

お煎餅専門のお店でお煎餅食べたり。
たっくさん種類があって悩んでしまうほどのお煎餅ラインナップ。

P4241088ブログ

P4240325ブログ

あきは梅ざらめ、さきはしそ味を食べました。
お茶のサービスもあり、ボリュームまんてんのお煎餅をいただきました!
お腹一杯!


さきさん顔湯中。。。(笑)
P4240321ブログ

こちらは足湯中。
P4251218blog.jpg


温泉を満喫!!
宿泊先の『ふじ屋』には、『のし湯』という姉妹店があります。
『ふじ屋』に宿泊するとそちらの温泉もタダで入れるので行って来ました。

P4241110ブログ


おじさま(還暦オーバー)キラーのあき、さきがお手洗い行ってる数分のうちに、のし湯のおじちゃんと仲良くなりました。

もちろん温泉は貸切状態を堪能!
そのあと宿泊客以外は入れないお風呂を見学させて頂きました。
フレンドリーなおじちゃん、ありがとう!


のし湯から、温泉街の中心地に戻ってきたら時間は3時の少し前。
たしかさっきお煎餅たべたよね?と頭ではわかっていたけど、3時だもん。おやつの時間です。
あき今白玉ブーム真っ只中。美味しそうな白玉におやつの時間は仕切り直し!

P4250385blog.jpg

温泉のあとだったから、冷たい白玉をいただきました。
さきは冷やしぜんざい、あきは冷やし白玉を食べました。

P4241136ブログ

P4241137ブログ

冷やし白玉は六種類あるなかから二種類、白玉にまぶすトッピングを選べます。
きな粉と、お店でしか食べられない、黒胡麻を練ったごまみつをオーダー。
ここの白玉、絶品でした!ボリュームたっぷりなのにペロリです。
特にごまみつは、濃厚でやめられないお味でした。

お土産(我が家用)に特選!白玉粉買ってきました!
「寒ざらし」にしようか、きな粉団子みたいにしょうか。。。


旅の最後に食べたのは、お豆腐料理『吉祥』でのお昼ご飯。
水がきれいなところは、お豆腐とお蕎麦は美味しいですからね。

『吉祥』の八重咲きの桜がとても美しかったなぁ。。。

P4250386blog.jpg


P4250393blog.jpg


お昼の定食(梅)
がっちりとした木綿豆腐はおかわり自由。

P4250390blog.jpg

ボリューム満点、でもお豆腐やこんにゃくなどのヘルシーメニュー。
がんもどきと、田楽、美味しかったー!!

P4250391blog.jpg


あきとさきのバンバンバカンス♪
気持ちよく温泉につかり、美味しいものをたくさん食べて、もうこれじょうは望みません!

やっぱり、行って良かったです、黒川温泉。
送り出してくれたオトンさま、ありがとう。

お土産に、あきからは地元の米焼酎&大人気のくまもんのタオルを買って帰りました。
(今「くまもん」って打ったら「熊紋」って変換されました。大丈夫かうちのPC・汗)
さきからのお土産は、美味しいと評判の焼酎『赤兎馬』。
とことん飲んで、飲ませて、飲まれて、飲んで。。。な家族です。


旅行記が長くなりましたが、お付き合いいただきありがとうございました。

明日から大型練習、ゴールデン・ウィーク!
我が家は、次女ゆーこちゃんが東京から帰ってきます!!
短い間だけど、家族がそろうって幸せです。

みなさま、では、良い休日をお過ごしくださいませ。


読んでくださってありがとうございます!ぽちっとしてもらえるとウレシイです!

にほんブログ村

20:40  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'04.26 (Fri)

一泊二日、黒川温泉の旅~お宿『ふじ屋』~

仲良し母娘だね、とよく言われるあきとさき。
日頃はお互いに、減らず口を叩いたり、けんかしたりするんですが。。。
さきとあきは、母と娘であり、一番身近な友人のようであり、漫才コンビみたいな存在です。
あ、もちろん、あきがツッコミで、さきがボケ(天然)ですよ。

そんな母娘の、今回の女ふたり旅は。。。
一泊二日で熊本県の黒川温泉に行って来ました!

P4240317ブログ

年間4000円でのり放題のヨカロバスを乗り継いで行ったので交通費は実質タダ。
なのでお宿でちょっと贅沢してきちゃいました。

この旅行に関してまたもオトンの許可をえるまえに、行き先、宿泊先、日程、全てが決まっての事後承諾。
いつもながらオトン、拒否権発動できず。どころか、ヨカロバスの乗り場まで送っていってくれました。
。。。自分はそのあと仕事なのに。オトンのなかには親切なオバチャン住んでいます。
オトンありがとう、行ってくるよ!お土産はかってくるから!


というわけで、あきとさきのふたり旅スタートです!
一緒に旅気分を味わってもらえるとうれしいです。

P4240329ブログ


今回の旅は観光よりも温泉とお宿で過ごすことをメインにしたバカンス。
なのでなにより大事なのはお宿!
ネットで宿を探していたとき、こちらのお宿に一目惚れ。

黒川温泉中心地にある、お宿『ふじ屋』。

P4241106ブログ

設えもサービスもお食事もお風呂も、本当に素晴らしいお宿でした。

P4241141ブログ

趣ある玄関をくぐると中は、吹き抜けの天井から光が入るとても開放的な雰囲気。
きな粉白玉とお茶のサービスのあと、お部屋に案内していただきました。

『ふじ屋』は、琵琶の音階を示す「月火土金水」がそれぞれの部屋の名前になっています。

P4241178ブログ

あきさきが宿泊するお部屋は二階、『金』の部屋。
お宿のお部屋のなかでは、ここが唯一「洋」の設えのお部屋です。

それをネットで見たあきが、ここにしよう!と譲らなかったお部屋。
それではご対面(笑)です。。。ドキドキしながら、いざ扉、オープン!

P4241166ブログ


予想通りどころか、予想以上でした!
大きな窓からはいる光で室内は明るく。。。
大きなベッド、広いソファー、置いてある調度品もアンティークな雰囲気で素敵です。

P4241162ブログ

P4240337ブログ

P4240338ぶろぐ

さっそくはしゃぎまくる母娘、撮影会なんかしちゃいました(落ち着け!)


ラッキーなことに平日で宿泊客が少なかったので、温泉も貸しきり!
温泉→食事→温泉→バー→温泉→部屋でビール→翌朝温泉。
。。。という豪華プランが可能なわけです!
。。。飲んでばっかだなあ、この母娘(笑)

ちなみにバーは、あきリクエスト。
「ふじ屋」姉妹店のお宿『のし湯』のバーが、ふじ屋の宿泊客も利用できるんです。


さあ、あきさきの、酒と薔薇の一夜の幕開けです。

P4240348ブログ


夕ごはんは、ビールの乾杯でスタート。このビールはサービス。
岩盤浴かビールのサービスがあったのですが、間をおかずビールを選択した母娘(笑)
バカンスな夜に乾杯!


先付「胡麻豆腐」
酢の物「地鶏のたたき」
前菜「春の前菜」

P4240349ブログ

P4241190.jpg

小吸い物「えんどう豆のスープ」
P4240352ブログ


お造り「馬刺しと川鱒の昆布〆」
P4240350ブログ

蒸し物「中華風茶碗蒸し」
P4240353ブログ

お食事は、上品な盛り付けが目にも嬉しい!舌は当然さらに嬉しい!
味付けは和・洋・中と色々で飽きが来ない。
魚も焼き魚ではなく一夜干しでした。


焼き物「山女の一夜干」
P4240356ブログ

なんて日本酒を誘う味なんだ、これはぜひ冷酒を頼まねば!
きりっと辛口があきの最近のマイブームです。

P4241194ブログ

P4240363ブログ

さきさんも地ビールをオーダーして満足そう。
しかもこのビール「湯上り美人」という名前。。。よくお似合いで。


鍋物「黒豚のはりはり鍋」
P4240358ブログ

P4240361ブログ
このお出汁が美味しいんでございますよ!

最後に、大根の炊き込みご飯が出ました。
結構お腹いっぱいだったのですが、おかわりしたいほど美味しかったです。

デザート「小国産ジャージー牛乳プリン、イチゴのジェラート」
P4240364ブログ

デザートまで美味しく完食。おごちそうさまでした。


これくらい飲んでもあきさきが酔うはずもなく(笑)
休憩してから、バーラウンジにおでかけしました。

旅先でいいかんじのバーでお酒をいただくのがあこがれだったワタクシ。
姉妹店のお宿『のし湯』のバー『NAYA』は、本当に昔納屋だったらしいです。

P4240366ブログ


イケメンのバーテンさんにカクテルを作ってもらいました。
さきはあまり甘くない炭酸系をお任せで、あきは大好きなトマトベースをリクエスト。
。。。こういうところで飲みたかったの!居酒屋じゃなくて!(笑)

P4240371ブログ

P4240372ブログ


もう一杯、今度は焼酎ベースのカクテルをいただきながら、いつか素敵な殿方とまた来たいなあ、なんて思いました。
※夢見るのはタダです。

P4240377ブログ


この後、お宿に帰った後も、さきさん缶ビール買ってまったりしてました。
あきもご相伴に預かりつつ、まったーりと過ごしました。
なんて贅沢な夜なんざましょう。
幸せをかみ締めながら、大きなベッドで眠りにつきました。。。


一泊二日、黒川温泉の旅~食と温泉!!~に続きます。
お付き合いくださいませね☆


読んでくださってありがとうございます。ぽちっとお願いします!

にほんブログ村
13:40  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012'03.31 (Sat)

ぶらり湯布院女二人旅③ 2日目

湯布院の旅2日目です。
二日続けて晴天に恵まれ、歩くだけでも気持ちがいい春の湯布院。

P3282135.jpg


二日目はまず、湯布院お買い物ストリート『湯の坪街道』で女子らしくはしゃぐとしますか。
湯布院名物のおいしいものから、甘いもの。作家物のカワイイ雑貨やアクセアリー。
女の子が喜びそうなものは一通り並んでいます。

あきはそこで、ガイドブックにも載ってた、作家もののアクセサリーをゲット!

P3283477.jpg
いびつなハートがカワイイ☆


ランチは『石釜焼きピッツァ奈ラート』というお店でピザを食べました!
これはさきのリクエスト、ガイドブックに載ってたこのピザが食べたかったの!!

P3282133.jpg

もちもちのピザ生地の上にたっぷりの海苔とじゃことクレソン、味はオイルと塩のみ。
シンプルなピザですが、すごーーく美味しかったです☆


※ここから恒例母娘のおばかさん写真です(笑)※

ランチ食べた後、けっこう時間があったので、さてどうする??
あ、あそこ行っちゃう!?湯の坪街道の近く『トリックアート美術館』!

3Dに見えちゃう不思議な絵でひとしきり遊んできました☆
どんなもんかと、ちょっと冷やかしで入ってたんですがここスゴイ!!
3D絵画を、ガチで楽しんできました!


P3282117.jpg
「獲ったどーーー!!!」

P3282109.jpg
「ここから先は立ち入り禁止です!!」

P3282113.jpg
「キミ、飼い主さんはどこに行ったの??」

P3282124.jpg
マーメイドあき。

P3282126.jpg
忍者さき。


P3282131.jpg

P3282115.jpg

メルヘン~~♪

。。。スゴくないですか!?この立体感!!
そしてこの母娘のなりきり感!!(笑)
さきのポーズ指導がキビシイったらない!

湯布院で一番笑えるスポットかもしれないです。


さて。。。楽しかった湯布院旅行もそろそろおしまい。
最後に、あきリクエストで『カフェ・デュオ』という喫茶店でティータイム。
焼きたてのスフレがいただけるということで楽しみにして行きました♪

さきはお腹いっぱいだったのかカフェ・ラ・テ。
カワイイ「ダンボ」の絵が描いてある!すっごいかわいい!

P3282136.jpg


そして登場、あっつあつの焼き立てスフレ!
その場で、生クリームをドッサリ、そしてチョコレートソースタップリ!

P3282140.jpg


美味しかった!でもスフレが焼き立てなのでクリームが溶けるのがはやい(汗)
あきが食べ終わるが早いか、クリームが溶けるが早いか。
お茶しにきたのに、なんだか気分は早食い競争(笑)


思い起こせば、食べて飲んでお茶して。。。な『食』の旅となりましたが(笑)
あきとさきのぶらり湯布院女二人旅。なんともゼイタクな時間を過ごしてきました。


こんなことができるのも、オトンが働いてくれてて、ワンコの面倒も見てくれてて。
感謝しています、オトン殿。(え?感謝が伝わってこないって!?)

ちなみにオトンは現在仕事の関係で湯布院に行ってます(笑)
見事な入れ違いで、あきさきが帰ってきた翌日から今度はオトンが湯布院。
こんな偶然ってあるんだ。。。


さて、文章にするとこんな長~~くなりました。。。
一泊二日の旅行記、お付き合いただきありがとうございました!!




にほんブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

08:58  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012'03.30 (Fri)

ぶらり湯布院女二人旅② お宿『誰が袖』

お宿『誰が袖』、予定より1時間も早くチェックインした迷惑母娘。
でも女将さんは嫌な顔ひとつせずニコニコと出迎えてくれました。

コチラのお宿は、部屋数が5つのみ。それぞれのお部屋は離れのような設え。
仲居さんがいないので、お布団は自分たちで敷くようになっています。
お食事は、コチラの大きな円卓がある共有スペースでいただきます。

P3272038.jpg

P3272036.jpg

P3272039.jpg

P3272041.jpg


なんとも風情のある造りのお宿。。。

そこへ女将さんが館内着の浴衣を持ってくれました。
普通の味気ない浴衣ではなく、カラフルで可愛い色浴衣です!
この中から好きな色浴衣を自分で選んでいい、と女性にはうれしいサービス。

あき「ワタシこのグリーンがいいなー」
女将さん「あらそれ地味よ!ピンクとかにしたら?」
さき「ワタシはじゃあこの縦縞のを。ハデかな?」
あき「一度あなたの脳内に入り込み、ハデの定義を見てみたい」

あきさきともども普段では着ない色柄の浴衣を選びました☆
あきはグリーンを譲らず、さきはさき的にハデな縞柄の浴衣に決定。




さっそくお部屋に通していただきました。
ワーオ!!めっちゃあきとさきの好みのお部屋じゃないですか!

大きな窓からは由布岳が見えて、その窓枠もアルミサッシではなく、全て木材!←ココ大事。
こたつはすでに「おいでませ」とばかりに暖ためてありました。


P3272024.jpg


P3272027.jpg

あき、大人気なく大はしゃぎです。

さっそく色浴衣に着替えて、こたつに潜り、旅の疲れを癒すべくビールで乾杯。
あ~~羽が伸びます!

P3273475.jpg


到着そうそうに、女将さんが「お風呂どうぞー」と声をかけてくれたので、では遠慮なく。
温泉は、岩風呂と檜風呂があって、とろーっとしたいいお湯でした。お肌もピカピカ。
しかもこちらの温泉は、貸切で堪能できるんです!
一泊の宿泊の間、3回も温泉にはいった欲張り母娘です。


そしてこのお宿で一番ビックリしたのはお料理の豪華さ!!
お品書きを見て、あきさき仰天。なんなんだ、この豪華食材のラインナップ!?

P3272056.jpg

P3272055.jpg


地酒一本はネット予約でのサービスです!
P3272057.jpg


来ました!来ちゃいましたよ!ふぐのお刺身です!(しかも肝つき!)

P3272059.jpg

かつてふぐは毒が危険ということで食べてはいけなかったのですが。。。
初代総理大臣、伊藤博文が食べてみてあまりの美味しさに漁を解禁したらしいです。
エライよ、グッジョブだよ、博文!(笑)


蒔絵が美しい器の中身は、蛤のお吸い物。

P3272061.jpg


そしてそして更なる高級食材が登場です!あわびのお刺身!
こんなてんこ盛りのお刺身なんて初めて!

P3272065.jpg

肉厚のお刺身はそのままでも食べられるのですが、ちょっと固いのでこれこのように。

P3272067.jpg

石のプレートで少し温めていただくとやわらかくなってなお美味しい☆
デッカイあわびの肝もついてきました、見た目がグロイので写真はナシですが。。。
初めて食べる、あわびの肝、勇気を出して食べてみたらばコレが濃厚で美味しいんです!
この話をオトンにしたら「酒飲みだなー」って言われました(笑)

P3272070.jpg
いくらとふぐのお寿司。

P3272071.jpg
ふぐ皮の掻き揚げ。
ふぐのオンパレードはまだ続きます。

P3272077.jpg
ふぐのサラダ。

うまーい!!
P3272076.jpg

P3272080.jpg


P3272078.jpg
てっちり。

そして雑炊でしめ!
P3272079.jpg

豪華ざましょ?贅沢ざましょ?こんなふぐ大盤振る舞いそうそう食べれません!

あまりのボリュームに、さきは途中リタイアしましたが。。。
あきは最後まであますところなく堪能、めっちゃ美味しかった~~!!

お食事の後はお部屋に戻って、お布団を敷きます。
そして温泉(2回目)で温まったら、ふかふかのお布団でゴロゴロ。
ゴロゴロしてるうちにいつの間にか、あきもさきもオチてました。。。


翌朝、早寝早起きの母娘、朝5時半起床。
ゆっくりと山の向こうからのぼってくる朝日が見えました。
旅行二日目も晴天に恵まれてのスタートです。

欲張って温泉(3回目)に入ってから朝ごはんをいただきました。
女将さん、お世話になりました!

さてこの素敵なお宿とお別れして、二日目はどこいっちゃう!?
あきさきの旅行二日目に続きます。



にほんブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

09:10  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012'03.28 (Wed)

ぶらり湯布院女二人旅① 一日目

怒涛の着物イベントラッシュが無事に終わりほっと一息。
そんなあきさきを待っていたのは、ごほうびの湯布院旅行です!

P3271996.jpg

行ってきました湯布院、満喫しました湯布院!

心配したお天気も上々、春らしい陽気に恵まれてなんてツイてるワタシたち!
これって日頃の行いの良さよね~、などと図に乗ってみたり(笑)

お昼に湯布院に着くくらいのつもりだったんですが。。。
高速道路料金が安くなる時間帯に家を出て、ラテ号でひた走ること三時間。
異様に早くに湯布院に到着しちゃいました。。。10時半ってまだ朝やん!(笑)

そんな感じでてんやわんや、あきさきの一泊二日ぶらり湯布院旅行はスタートしました。


一日目、湯布院に到着後、まずはランチです。
腹が減っては戦はできぬ!こっちは朝ごはんも食べてないんだ!

食欲魔神あきの希望でランチはちょっといいところで。。。
創作フレンチの『夢鹿(むじか)』に行きました。

P3273442.jpg

湯布院お買い物ストリートを山に向かって行ったところにある『夢鹿』。
町中ということを忘れそうになる木立に囲まれた閑静なレストランです。


P3273452.jpg

あきはお魚料理のランチ、さきは地鶏を使ったお肉のランチをいただきました。
前菜、じゃがいものポタージュスープ、サラダ、メイン、コーヒーか紅茶とデザート付き。

いただきまーす♪
P3273453.jpg

P3273448.jpg


P3273451.jpg

P3273450.jpg

デザートは美味しいバニラアイスでした。

P3273455.jpg


お店が金鱗湖の近くだったので、湯布院観光らしくぶらりと散策。
幼い頃何度か家族旅行で訪れた湯布院の金鱗湖。。。

P3273458.jpg


湖の近くにその名前の由来を書いた看板があります。
飛び跳ねた魚の鱗が夕日に照り映えて金色に輝く様から『金鱗湖』と名づけられた。
。。。らしいのですが。

むしろあきが気になったのは、この湖に生息する魚の種類。
「鯉」「フナ」「なまず」あたりは分かるのですが。。。「グッピー」って!!
。。。いるんだ、グッピー。。。


お次はさきの「ここに行きたい!」リクエスト。
金鱗湖付近にある、憧れの湯布院の旅館御三家『亀の井別荘』にあるカフェ。
『天井桟敷』でティータイム。

P3273460.jpg

たくさんのドリンクメニュー&スイーツがありました。。。が。
昼ご飯を食べたばっかりなのでドリンクオンリー。
さきは苺ミルク、あきは完熟梅蜜のホットをオーダー。

P3273465.jpg

幸せそうね。。。さきさん。

P3273462.jpg

P3272009.jpg

まったり~~~♪

カフェで一息ついて、湯布院お買い物メインストリートを見てまわりました。
なにも湯布院でコレ買わなくたって。。。ってものが気になるのはなんで??

ちょっと疲れたね~と時計で時間を確認したらまだ昼の二時半。
お泊まりする旅館『誰が袖』にチェックインできるのは四時。どうしよう(汗)
チェックインを早めにできますかとお宿に電話でお願いしたところ。
お宿の女将さんが快く、「いいですよーお待ちしてます」と言ってくださいました。

今回あきさきが泊まったお宿『誰が袖(たがそで)』。

P3272022.jpg


部屋数は五つだけ、それぞれのお部屋が離れのような設えです。
こじんまりとした、けれど趣のあるとてもステキなお宿でした。

このお宿があまりにもあきさきのツボ的お宿でして。。。
本当に素晴らしかった!。。。というお話をしたいので。

「ぶらり湯布院女二人旅②」にて詳細にリポートしようかと思います。
というわけで、あきさきの旅行記は続く!


にほんブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
20:09  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012'03.21 (Wed)

母娘女二人旅

去年春の終わり、あきとさきは母娘二人で沖縄石垣島に2泊3日で旅行に行きました。

旅行パンフレットを眺めているうちにどーーーーしても行きたくなって。
「もうこれいっちゃう!!?」みたいなノリとイキオイに任せて。
ついでにワンコをオトンに任せて(笑)初めての女二人旅に出かけたのであります。

楽しかったなぁ。。。楽しかったよねぇ。
今年もどこか行きたいネエ。。。近場でもいいからさ。

なんて話すあきとさきの手元にはデジャヴ?旅行のパンフレットが。。。

ハイ、1時間後には話がまとまっていました。
オトンの春休みの間に、今年も女二人旅、いっちゃう!?てな方向で。

今年は旅行、と言うよりリゾート??
ゆったりまったり湯布院一泊二日旅行に行くことにしました!
お宿も、女性向きのこじんまりとした風情がいいお宿をさっそく予約。
湯布院は何回も行ってるハズなのに、はしゃいで旅の本も買っちゃったゾ☆


ちなみにこの計画がまとまったのは2月のこと。
だから思いもよらなかったんだ。。。

3月がまさかこれほどの怒涛のスケジュールになるなんて。。。!!!

そうです。
あきとさきは、明日からの四日間「かがみや」の着物関連のお仕事のお手伝いに行くんです。
イベントスタッフみたいなカンジで、大忙しの四日間になりそうです。。。
でもお仕事をいただいたんだから頑張るしかないです!
湯布院旅行は、自分たちへのご褒美というコトで。。。しっかり働いてきます。



にほんブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
13:34  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.05 (Fri)

家族旅行記ファイナル!

エライこと長々と書き連ねた家族旅行記もとうとうファイナル!
二泊三日の旅行の最後の一日。どうぞお付き合いくださいませ。


快適な気温を年中保ってくれてる『秋芳洞』。
ですが『秋芳洞』上りコース、最後のトンネルをくぐると蒸し暑い風がぶわっと。
『秋芳洞』が快適だったので、外に出て思い出しました。
今って真夏でしたね、そら暑いわ。

秋芳洞の駐車場に車を置きっ放しにしていたので、とりあえず戻らなきゃ!
しかし歩いたらけっこうな距離があるのでこの炎天下駐車場に戻るのはシンドイ。
なので秋芳洞の出口には、駐車場行き専用?のタクシーが止まっています。
一律930円なり。

そこで乗ったタクシーの運転手のおじちゃんに「これからどこに行くんですか?」
。。。と聞かれて、ウッ!となる家族。
だって旅行プランなんてないんだもの!カンペキなノープランですもの!

そしたらタクシーのおじちゃん曰く。
「ここからなら”弁天池”オススメですよ。湧水もきれいだし。。。」
「ますの塩焼きとかウマイですよ、近くですから行って見ては?」

。。。なんていいプランなんだ!ナイスファインプレイです、おじちゃん!

遊びが過ぎて体力が落ちていたあきは『湧水』と『ます』と聞くや否や「行きたい!!」
。。。というわけで家族旅行の〆は『弁天池』になりました。
遊び疲れのあき、移動中はずーーっと寝ておりました。
が、到着するなりイキナリ復活!だって、ます食べたいじゃない!

こちらがタクシーの運転手のおじちゃんオススメ『弁天池』。

P8021010.jpg

もんのすごーく美しい水が湧き出る小さな池。
水の深いところなんて、このなんともいえない翡翠のような色。
飲料水になるので、入って泳ぐのはNG。

そしてその弁天池のすぐそばにある『弁天会館』というところでお食事♪
にじますが食べられます!川魚大好きのあきにはこれはウレシイ!!
定食もありましたが、あきはにじますの塩焼きと白ご飯でお昼ご飯。

P8021011.jpg

身が柔らかーくってすっごく美味しい!

『弁天会館』側では、にじますを養殖しています。
養殖の池の一番奥は釣堀になっています。
釣堀で獲ったますは買取するキマリ。
そのますを弁天会館に持っていくと300円で加工してくれるそうです。

せっかくだからやってみよう、釣堀!!
ということで竹ざおとエサをレンタル(300円)して釣堀でます釣り体験!

P8022128.jpg

さきさん、真剣です。しかしなかなか釣れない!
バトンタッチしてあきも挑戦してみました。
糸をますの群れの中に落とすと、ものすごいイキオイで食らいついてきます!
手ごたえアリ!でさおを上げると、かかったかかった、デッカイますです!!
。。。結構簡単に釣れます。その後、ますは入れ食い状態。
お隣の家族の3歳くらいの男の子でも釣ってたもん。


さき、再度チャレンジ!

P8022129.jpg

ちょっとへっぴり腰(笑)
さて今度は釣れるかな!?と思ったら、ぐぐっとさおが引かれます!!
かかった!!

P8022130.jpg

釣ったどーーーー!!!
でもビチビチ暴れるますに、まだちょっとへっぴり腰(笑)

結局、ますを五匹釣り上げて、お買い上げ♪
けっっこうデッカイにじます、一匹500円しないお値段。
これはおうちに持って帰って、塩焼きとムニエルになりました☆


ここが今回の家族旅行で訪れた最後の場所でした。
宮島行って世界遺産見て岩国城と錦帯橋観て秋芳洞見て。

最後が『釣堀』!!?(笑)
イヤ楽しかったし美味しかったし文句なかったけどね!?


ちなみにここから長崎に帰ってくるまで、あきは記憶がありません。
なにせ4時間近く、帰り道はずーーーっと眠ってましたから。
オトンが座布団と毛布を積んでてくれたおかげで、そらもうスヤスヤ安らかに。



宮島行って世界遺産見て岩国城と錦帯橋観て秋芳洞見て釣堀行ってその日のご飯はにじます。
なんて充実した2泊3日だったんでしょ!

久々だった、そして楽しかった家族旅行。
楽しいとゼイタクを凝縮した3日間でした。

運転頑張ってくれた&買出し係りを買って出てくれたオトン。
ハリキリ屋で、旅行プランを練りに練ってくれたさき。
ありがとう。

また、行きたいね。家族旅行。



にほんブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
17:07  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.05 (Fri)

家族旅行記⑤『錦帯橋』と『秋芳洞』

旅行二日目。宮島にさよならして、次に目指すのは山口県の『錦帯橋』!

『錦帯橋』は、山口県岩国にある木造アーチ橋です。
伝統の組み木の技法で作られた『錦帯橋』なんと築330年!

P8010997.jpg


山の上のほうにある小さなお城が岩国城。

P8012101.jpg

カメラでズーム最大にして取れた写真がコレ。ちっちゃい。。。
サラリーマンのお父さんが真面目に勤続した暁にはこれくらいの家買えるんじゃ?
しかもこのお城、建てられてわずか7年で、徳川幕府の命令で取り壊されたんだそう。
ヒトの夢って儚いもんですねぇ。。


この日はじりじりと皮膚を焦がすような凶悪な太陽がお出ましになられ。。。
ぶっちゃけて渡るのめんどくさいなー。。。なんてぼやくあき。

さき「一度はこの錦帯橋、渡ろう!もう二度と来ないかもしんないんだし!!」
。。。それは言えてるかも。もう二度と来ないかもしんないもんね。

てなカンジで『錦帯橋』、渡ってみました!

P8011000.jpg

緩やか過ぎる段差があるので、かなり歩きにくい。。。(汗)
そして案の定、暑い!!!。。。まあ、これも旅の記念です。


『錦帯橋』往復ですっかり汗をかいてしまったので、次は涼しいところへ!
小学校の修学旅行で一度来たことがある、鍾乳洞『秋芳洞』。

P8022103.jpg


年間通じて常に気温は15度くらい。ひんや~り。
※涼みに来たわけではアリマセン。
それでは行ってみましょう!自然と時間が作り出した神秘の世界へ!

P8021001.jpg
行ってきま~す♪


P8021003.jpg
『百枚皿』


P8022115.jpg


P8022110.jpg
『洞内富士』


光を反射して輝く鍾乳石。小学生のときより全然感動が上でした!
ぽたりぽたりと落ちる雫が年月をかけて作り出した光景。
比べればヒトの一生なんて泡みたいなもの。。。
ましてや『岩国城』の7年間なんて。。。

あきたちが歩いた秋芳洞上りコースのラストに待ち受けていたもの。。。
それは地球上の生き物の『進化』が描かれた長いトンネル。

進化のトンネルを登りながら、あきも進化!
象くらいなら持ち上げられる怪力を手に入れました!

P8021006.jpg
ウソです。どう考えてもウソか悪ふざけですスミマセン。

「トリックアート」ってやつです。
実際は壁に手をあててるだけなのに、写真で観るとホントに、象を持ち上げてる!
結構スゴイ画じゃないですかコレ!思わず興奮してしまいました!

トンネルを登りきると、ムワッとした空気が押し寄せてきます。
これにて秋芳洞見学、終了。
しかし。。。さて、これからどうしよう?どこに行って、どこでお昼ごはん食べよう??
完璧ノープランでございます。。。旅行中なのに(笑)

そんなノープラン一家がたどり着いた、この家族旅行、最後の場所とは!!?
家族旅行記、感動のラストは『家族旅行記ファイナル』にて!!



にほんブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
08:20  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.04 (Thu)

家族旅行記④宮島の最後は買い物三昧!

寝オチから明けて一夜、旅行二日目。

昨日、厳島神社、五重塔、千畳閣と歴史的建造物を満喫したので今日は観光!
宮島であれやこれやのお買い物を楽しんできました!


P8010992.jpg


表参道商店街と町屋通りが宮島のお買い物スポット。
あきはあらかじめ自分が行きたいお店をリサーチしてマイ地図を作っていました。
こういうときだけはぬかりなし(笑)

まず最初に『いしころ館』でパワーストーンを買いました。
まあわざわざ宮島で買う必要もないか?と思ったけど欲しかったので。
もちろんあきは、恋愛運にいい上に一番好きなピンクのローズクォーツのブレスレット!
さきも一緒に買いました。健康運が向上するらしいけど。。。充分だと思う(笑)
石は違うけどオソロのブレスレットです!

P8012095.jpg


小さな呉服店でお店オリジナルの足袋を買ったり。
古民家カフェでアンティークの 羽織買ったり。
なんで真夏に羽織買っちゃったかなー(笑)
というかどこにいっても着物から離れられないこの性分は何!?


大好きな安納いもが乗ったアイスを食べたり。

P8010994.jpg
おいしーーーい☆


さきは何故かここにきて『ドクターフィッシュ』体験したり。
え!このタイミングでする?(笑)

P8012093.jpg

スゴイ勢いで寄ってくるドクターフィッシュ。
さき「うぎゃーーーくすぐったいよーーー!!!」

P8012094.jpg
見ようによってはキモチワルイ画ですね。。。


。。。ああ、遊び呆けるってこういうこと言うのね。
もう力の加減もせず、ひたすら遊び、宮島でのショッピング満喫!
あちこち回ってお昼になる頃、フェリーに乗って宮島をあとにしました。
もう一日くらいいたくなるところでした、宮島。


さよならじゃけえ。
P7310924.jpg



さようなら宮島、次の行き先は山口県の呉市『錦帯橋』です!
宮島から山口県に移動しつつまだまだ旅行記は続きます!



にほんブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
11:21  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.04 (Thu)

家族旅行記③ 五重塔と千畳閣

厳島神社を後にして次に向かったのは、『五重塔』と『千畳閣』。

『五重塔』は1407年建立されたもの。高さは27・6メートル!
美しい朱塗りの建物ですが、入ることはできないので写真をパシャリ。

P7312035.jpg


そして『千畳閣』(正式名称は『豊国神社』)
コチラは中に入ることができます。

P7310905.jpg

1587年、豊臣秀吉が戦で亡くなった戦没将士を慰霊するために建立された神社。
創建中、豊臣秀吉が亡くなったので、未完成のまま残っているらしいです。

なるほど確かに「未完」なのかも。。。壁とか仕切りとかがありません。
(それはそういうデザインだったのか??)
がらんとしていて、薄暗く、天井にはたくさんの絵が飾られています。

P7310915.jpg

涼しい風が、薄暗い建物内をすーっと通っていきます。
なんだか妙に落ち着く、と言うか、居心地がいい。
訪れた人みんなそうなのか柱に寄りかかってぼんやりとしてました。

天井から提げてあるのは大きな絵だと思っていたら、大きな絵馬でした。
昔は「厳島神社」の回廊に飾られていたらしいです。

気になったものをピックアップ。

P7312040.jpg

P7312044.jpg
確かに『絵馬』。。。

P7312041.jpg

P7310911.jpg
なんかこのヒト怖いよーーー!!!(さき撮影)

P7310910.jpg
大怪我だよーーー!!!(さき撮影)

さきさん、撮る写真のチョイスが怖すぎです。。。


余談ながら、千畳閣でまったりしている間に霧雨が降り始めました。
風情があっていいなぁ、とのんびりしているうちにちょっと雨あしが強くなってきた。
そろそろお宿に戻ろうか、と千畳閣を出ると。。。
靴がびちょ濡れ(爆)
しかも革靴、悲しすぎる。。。
ちょうど入り口の屋根から落ちてくる水滴の真下に靴置いてたアタイが悪いんですけどね。


ちょっとわき道に入ったところで、もみじ饅頭を食べました!
小さなお店なんですけど、冷たいお茶もいただけて休憩タイム。

P7310899.jpg

P7312034.jpg

焼きたてホカホカもみじ饅頭。これがすごく美味しかった!

宮島一日目は、ゆっくりと史跡めぐり。。。
たまにはこういうのもいいですね~。

旅行二日目は『宮島観光お買い物編』
宮島のお土産観光スポット、町屋通りと表参道商店街へ行きました。

そして宮島から次の目的地へ移動。
まだまだ長くなりそうな旅行記ですが、どうぞお付き合いくださいませ☆


家族旅行記④に続きますじゃけえ。
P7310918.jpg




にほんブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
08:01  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.03 (Wed)

家族旅行記② お宿はリッチに☆

今回の旅でお泊まりした、『岩惣』。すばらしいお宿でした。

P7310929.jpg

「お客さま年表」によると。。。
伊藤博文、大隈重信、文豪の夏目漱石、森鴎外、池波正太郎、宇野千代など。。。
数多くの著名人や、皇室の方々が泊まったお宿です。

歴史ある本館、五階立ての新館、風情ある離れ、と建物があるのですが。
どうせ泊まるならゆーっくりできる風情がある部屋がいい!
とあきさきのリクエストでフンパツして、『岩惣』本館に泊まりました。

本館『岩惣』玄関前にて。

P7312000.jpg



古めかしい建物、すぐ近くに川が流れ青い楓が揺れるロケーションは最高!
とても静香で、そのまま住みたくなるような佇まいです。

案内されたお部屋は小さな川沿いで、せせらぎが絶えず聞こえてきます。
窓から見えるグリーンも美しい!!

P7312052.jpg

P7312051.jpg


で、やっぱりやってみたくなるんですよ、こうロケーションが素晴らしいと。
ささっと浴衣とたんぜんに着替え、この母娘のすることってやっぱりコレ!

ポージング写真、岩惣本館窓ぎわ編(笑)


P7312058.jpg

P7312056.jpg

P7312062.jpg

P7312068.jpg

ついついやりたくなるんですよ、こうも場所に恵まれてると!
ああ、やっぱり着物持ってくれば良かった~~!!
そしたら本格的に撮影会できたのに~~!!
↑どこまでヤル気まんまんだよ!


お宿でまったり。。。そして夕方6時、夕ご飯の時間です。
広島と言えば牡蠣!そしてアナゴ!
。。。しかし名物、牡蠣と穴子が不得意なさきさん。
そんならなぜ広島に来る!?とお怒りにならないでいただけますか。


長崎ではあまり食べない食材がたくさん、上品な盛り付けで美味しかったです。


前八寸。
P7310947.jpg


お造り。
P7310950.jpg
はものお刺身、旨っ!!


ここでオトンオーダー、地元の冷酒飲み比べ。

P7310951.jpg

P7310954.jpg
旨し!!
あきもご相伴に預かりました。


焼き物合せ。
P7310952.jpg


強肴。
P7310955.jpg
手の込んだお上品な天ぷら。

炊き込みご飯と、あさり汁、そしてデザートに水菓子をいただきました。

どれもちょっとずつ。。。なんだけどトータルではお腹マンパイになりました。
今うつ伏せで寝たら、絶対手足が浮く!お腹の出っ張りで!
っていうくらいお腹パンパンになったあきとさき。

温泉大好きオトンが、食事後もう一度お風呂に行ってくる間に。
すやすやと穏やかな寝息をたててオチておりましたとさ。

おやすみなさい~。



家族旅行記③に続きますじゃけえ。
P7310920.jpg



にほんブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
08:00  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'08.02 (Tue)

家族旅行記① 宮島へGO!!

久々に思いっきりはしゃいだ、2泊3日の家族旅行☆
ただいま長崎に戻ってました、管理人さきあきです。
お休みの間も当ブログに足をお運びいただきましてありがとうございました!

これからゆっくりですが、楽しかった三日間の思い出を綴っていきたいと思います。
長くなるやもしれませんが、よければお付き合いのほど、どうぞよろしくお願いします。


家族旅行一日目。メインディッシュは、広島の世界遺産『宮島』!
厳島神社、五重塔、千畳閣など歴史的建造物の数々。。。
情緒ある町屋通り、そしてさき興奮の鹿たち(笑)。
宮島には野生の鹿がたくさんいます。動物大好きなさき大喜びでした。

P7312020.jpg
※証拠写真(笑)


どこもかしこもあますとこなく行きたい見たい宮島!
ゆーっくり宮島を巡るため、好奇心ズは早起きして朝7時に家を出ました。
長崎から車でひた走ること四時間。予想到着時刻よりも早く、広島県に着きました!

広島から宮島までは小さなフェリーに乗って15分、意外と近いんですね。
フェリーから海にたつ厳島神社の大鳥居が見えました!

P7311991.jpg


とうとうきちゃった宮島!テンション上がる!
では参りましょうか宮島観光、最初は世界遺産『厳島神社』へ!

P7310923.jpg


P7310838.jpg


美しい朱色の厳島神社。

推古天皇が即位した6世紀前創建。
12世紀、平清盛が現在の形を確立。
太古から、海の守り神として崇拝されてきたそうです。


P7312017.jpg

P7312008.jpg


床に注目。回廊の床には、すきまがあけてあります。
海水や雨水で建物が傷まないよう、わざと『目通し』という隙間をあけてあるんだそう。

P7312015.jpg
『目通し』


神社にいったらコレやんなきゃ!おみくじひいてきました。

P7310848.jpg

あきは大吉!やったー!幸先いいね!
オトンは手厳しい内容がつらつら書かれた凶を引いてしまいました。
しかしそのあとすぐさきが全く同じ内容の凶をひくというオチつき。
仲良しな夫婦だな~(笑)

P7310849.jpg

仲良く二人とも不吉なおみくじをくくりつけて厄払い。
利き手と逆の手で結ぶといいよー。(大吉の余裕・笑)

P7312016.jpg


本殿に手を合わせ、それから火焼前(ひたさき)へ。
海側にせりだした日焼前から大鳥居が見えます。

P7312012.jpg


ちなみにこの日焼前から大鳥居までの距離は約160メートル。
潮がひいていたので歩いて大鳥居のところまで行きました。

大鳥居は、高さ16・8メートル。重さは約60トン。
この大鳥居、足元を支えてるのは大鳥居自体の重さだけ!
近くに寄るとそのスケールにビックリ!デッカイ!!

P7310883.jpg


なんとも荘厳でございました。。。

P7312026.jpg



夜になるとライトアップされる大鳥居、海が満潮になる時間に小さな船が出ます。
その船、なんとライトアップされる大鳥居の下を潜れるんです。
もちろん乗ってきましたよ!

P7312086.jpg

下から見上げる大鳥居に感動!
昼間も美しかったですが夜のライトアップされた大鳥居は神秘的でした。

P7312077.jpg


この船に乗っていた、ちっちゃな坊やを連れた若いご夫婦。
関西弁のお父さんがスゲーハイテンション(笑)
一生懸命、自分たち家族と大鳥居の写真を撮ろうと頑張ってました。
親切なひとがその家族の写真を撮ってあげたら、さらにテンションがハイ!
「ええわーこの写真ええわー!今年の年賀状はキマリやな!!」
。。。なんかすごーく微笑ましかったです、お父さんが(笑)


潮の満ち引きは六時間ごと。
翌日の10時頃、厳島神社に行くと。。。
床ギリギリまで水位が上がっていました。

P8010987.jpg

水に映る朱色の厳島神社姿、美しい風景でした。。。

P8010989.jpg




家族旅行記②へ続くじゃけえ。
P7310918.jpg


にほんブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
21:04  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'04.11 (Mon)

沖縄旅行記ファイナル

そろそろ終盤が見えてきました「沖縄旅行記」です。
沖縄旅行、最後の一日です。

二泊三日の旅行のみやげ話を、いったいどんだけ語るんだ!
ツッコミをぐっと飲んで、最後までお付き合いいただけたら光栄です。


沖縄旅行の最終日は、「唐人墓」と「石垣島鍾乳洞」の見学。
そしてそのあと石垣島を自由散策しました。

「唐人墓」です。

P4051138.jpg

どえらいことカラフルです。
ビックリするくらいいろいろなものを飾り付けてデコレーションしたお墓。
ちなみに作ったのは日本人ではないそうです。

さていったいどのような歴史を持つお墓であるか。
ウィキから引用した文章でカンタンに説明します。

「唐人墓」は1852年のロバート・バウン号事件で犠牲になった中国人苦力の慰霊のため、1971年(昭和46年)に建立された。
ロバート・ダウン号事件とは、中国アモイからカリフォルニア州へ航行中のアメリカの苦力貿易船、ロバート・バウン号内で、船長の苦力虐待を契機に暴動が発生し、船は2月19日に石垣島の崎枝村沖合で座礁。
380人の中国人苦力が上陸した。事情を知らない八重山の役人たちは収容所を設けた。
その後、離礁したバウン号の報告を受けてイギリス船2隻が石垣島に来航。
収容所を砲撃し、さらに武装した兵士200人以上が上陸して逃走した苦力を射殺・捕縛して3月23日に出航した。
またアメリカ船1隻が来航し、兵士100人以上が上陸・探索を行ない、4月12日に引上げた。
捕縛を免れた中国人は琉球王国に保護されたが、収容所の衛生は悪く、翌年9月29日に中国に送還された生存者は172名だった。
この間に亡くなった唐人を弔うために作られたのが「唐人墓」。

。。。見た目とはうって違いずいぶん悲惨な歴史を持つお墓でした。


P4050437.jpg

でも観光客の正しい写真の写り方はやはりこうです。スマイル。


団体で巡る観光スポットはココでお終い、最後に行ったのは「石垣島鍾乳洞」。
日本で7番目に大きいとされる鍾乳洞です。
しかしなんでしょうね、この竜宮城的な入り口は。。。

P4050443.jpg


外から見た入り口はアレですけど、入るとこんなに美しく幻想的な光景を見られます。

この鍾乳洞は、常に温かくて湿度も高く、鍾乳石の成長が早いのだそう。
真っ白な鍾乳石が、キラキラと輝く眺めは神秘的です。

P4051142.jpg

P4050467.jpg

P4050457.jpg


しかもガイドさんの説明によると、途中でなんと!「トトロ」の鍾乳石があるそうです!
鍾乳洞に住まうトトロ、いったい森の中に住んでるトトロとどう違うのでしょうか!?
ご対面です!

P4051150.jpg

。。。。。。
。。。。。。どう違うって言うか全然違う。
。。。。。。一応「トトロの鍾乳石」って看板が出てたけどコレ違うよ。

トトロはこんなに恨めしげな風情ではないよ!!!
悪く言ったら末代まで祟ってきそうなトトロ。執念深そうです。
見た目もどっちかというと「おくされ様」(バイ「千と千尋の神隠し」)
ジブリに謝るんだ!!

なんか期待して損しちゃいました。。。
でも鍾乳洞自体は素晴らしかったです。見に行って損はナシです。


このあとは自由行動だったので石垣島の街を歩き回ってショッピング♪
石垣島で一番大きい商店街(?)「アヤパニモール」と「ゆいロード」をうろうろ。

P4050475.jpg
「アヤパニモール」

。。。なんでだろう、すごいデジャヴ。我が地元の商店街とそっくりなんだもん(笑)

そこはかとなく漂う南国色のアーケード。でも扱っている商品が面白い!
「塩屋」とか「黒糖屋」などの専門店があるので行ってみました。

特に黒糖は製造される土地によって、味がまったくちがってビックリです。
さきはアッサリ派、あきは濃厚派の好みだったのでそれぞれにマイ黒糖を買いました。

そんなこんなでおみやげを選んで買ってるうちに時間があっとゆーまに過ぎました。
規模は小さいけど面白い!山椒は小粒でピリリと辛い!ってカンジでした。
「おみやげ」に心当たりがあるヒト、どうぞお楽しみに!


あっという間というにはあまりにも充実した内容の沖縄旅行でした。
あれだけ観光地巡れば当たり前?かもですが(笑)
ずっといたいような気持ちになる南の島、名残惜しい気持ちで飛行機に乗りました。

そしてまた7時間近くをかけて、長崎に戻ってきたのは午前0時を過ぎた頃でした。
おうちに帰ってきてそのまま、さきはバターンと寝ちゃいましたが。。。
あきはなんだか興奮が収まらず、クタクタのくせに寝たのが3時半。

それまで、翌日に書きたいブログのことばっかり考えて。。。
この楽しかった!って気持ちをどう言葉にしようってそればかり。
そんで、こんなにも長々と書き連ねてしまいました。
あきとさきの楽しかった!は伝わりましたでしょうか??

ここらで「沖縄旅行記」は幕引きとさせていただきます。
最後まで読んでくださった気長な方、ありがとうございました!



にほんブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
21:24  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'04.11 (Mon)

沖縄旅行記⑤ちゅら海をグラスボートで☆ 

えー。。。もう皆様半分くらいお忘れかと思いますが。

あきとさき、初めての沖縄旅行記。コレ実はまだ続きがあるのです。
最近バタバタしててアップし損ねておりました~。。。

怒涛の観光ラッシュ2日目と、締めの最終日。
「沖縄旅行記」①~④をちょっと思い起こしていただきながら読んでいただけると幸いです。

それでは「沖縄旅行記⑤」をどうぞ☆


沖縄離島の4島巡り二日目。
さきがほれ込んだ竹富島とその集落でしたが、ここらでバイバイ。
思い切り満喫した竹富島をあとにして石垣島へ船で戻ってきました。

さて、ここから、あきが水牛車の次に楽しみにしていた「乗り物」に乗ります。
石垣島の景勝地川平湾、珊瑚礁の海を見ることができるグラスボートです!

まあでもぶっちゃけて、気温も下がってきているしめっちゃ海風厳しいし。。。
なんかもうホテル帰ってお茶のみながらゴロゴロしたいー、なんて。

一瞬でも思ってしまったワタシのバカァッ!
ぬるい自分を張り倒したくなるほど、めっちゃ楽しかったですグラスボート!


川平湾。とても美しい海ですが、潮の流れが速いらしく遊泳は禁止だそうです。

P4041134.jpg


揺れる船のガラス越しになるので、写真は撮れなかったのですが目写真はバッチリ。

エメラルドグリーンの海の中を、泳ぐカラフルな魚たち。美しい珊瑚。
珊瑚の影にカクレクマノミを発見!ニモだ!ニモを水族館以外で見たのは初めて。
海底には、あきが個人的にこの世界から迫害したい、でっかいなまこが寝そべってました。

ぐはー耐え難いビジュアルの巨大なまこ、本当にでっかいのは1メートルくらいあるらしいです。
そんなにでっかくなったって、あたしゃアンタだけは食べないからね!
飢えてもあきはなまこ食わず。

川平湾をグラスボートで楽しんだ後は、観光ツアーではよくあるよね!のパターン。
『琉球真珠』にお買いものに連れていかれました。

フン、どーせたっっかい真珠ばっか売ってんでしょ!?
庶民のアタシには手も足も出ないわよ!
みたいに貧しきものの僻み丸出しで思っていたらわりとリーズナブルなものもあり。

あき、ついお買いものしちゃいました。
貝と小さな真珠がついたペンダントです。たまにはいいでしょ、自分へご褒美♪

P4061156.jpg


沖縄旅行もメインの二日目はこれでおしまいです。
ぎゅうぎゅうのスケジュールでしたが、どこも面白かったです。

沖縄を満喫しまくり、母娘のバカンス旅行記。
さらにしつこくまだ続きがございます。
最後の一日まで、ドウゾお付き合いくださいませ。


にほんブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
08:20  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011'04.08 (Fri)

沖縄旅行記④竹富島☆  さき

西表島から超高速船で波を蹴散らし、次なる目的地『竹富島』まで30分。
ここは、私、さきが一番楽しみにしていたところ。

竹富島は、赤瓦屋根の集落にサンゴの石垣、舗装されていない白砂の道。。。
沖縄の伝統文化が残る島です。
集落は国の町並み保存地区に指定されています。
10年、20年後に行っても、このまんまの姿をとどめていてくれるそうです。


「サンゴの石垣はハブの絶好の棲家となっているので、さわらないでくださいね!!」
。。。。おっと、あぶない!!何でも触ってしまう私は慌てて手をひっこめましたさ。

ガイドさんについて行ってたつもりが、気付けば一人。
まあ、狭い地区だしいっか!!ってことで、ぶらぶらしてみると、小高い丘に展望台がありました。

P4040401.jpg

すっごく急な上に、定員2名。
「煙と○○は高いところに登る」じゃありませんが、そこに展望台があればのぼるでしょう、やっぱ。

P4040405.jpg P4040404.jpg 

いやあ、絶景です!

P4040406.jpg


沖縄特有のこの赤瓦の屋根は、いまではあんまり残っていません。
石垣島ではほとんどがコンクリートの住宅です。
台風銀座と言われる八重山地方では、風速70メートルもの風が吹くことも。
赤瓦の屋根はすっかり減って、鉄筋コンクリートの住宅に建て変わったそうです。
別名『借金コンクリート』というとかいわないとか。。。

展望台には長い列ができていて、小学生が『怖いよ~~~』と登りかけて、やめておりました。
軟弱なやつだ!!


ここでも、働き者の水牛くんが頑張っていました。
水牛車に乗って町並みをみてまわるんです。
乗りたいけどツアーの日程の中には含まれていないのが残念。。。

P4040420.jpg


ところで、みなさんは沖縄県の花ってなんだか知ってますか?
「ハイビスカス!?」
ブッブ~~~!正解は「デイゴ」です。

こちらが「デイゴ」の木です。
意外と大きくなる木で、赤く咲いてるのが花です。

P4040408.jpg

落ちてる花を見つけました。
P4040409.jpg
。。。あんまり、きれいではない。


「たけとみ民芸館」にも行ってきました。
芭蕉布ができるまでの解説や、苧麻糸、染めるための植物原料、織機などが展示されています。
頭をよぎる「きもの文化検定」で詰め込んだ知識。
帰ったらお勉強しなおそう!!

P4040411.jpg

 P4040416.jpg



竹富の集落を後にして、次に向かったところは、「星砂の浜」(カイジビーチ)です。  
天気は回復していないけれど雨は止んだので、「星砂」を探しました!

P4040381.jpg


星砂というのは。。。

星の砂は、星の形の粒子からなる砂状の海洋性堆積物。
星砂(ほしずな)とも呼ばれる。星の砂は有孔虫(バキュロジプシナ)の殻が堆積したもの。
(ウィキより)

まあ要するに、有孔虫の死骸なわけです(雑)
その小さな小さな死骸が、星の形をしているんです。


さてここで「星砂」の探し方をレクチャーしましょう。
たとえ覚えたところで、ここ竹富島でしか使えない知識ですが。


砂浜の砂がサラサラしているところでなくちょっとざらっとしたところが狙い目。
手のひらを、がしっと砂浜に押し付けます。

P4041120.jpg

手に付着した砂をよく見てみると、砂の中にイガイガしたのが混じってます。
これが「星の砂」です。けっこう頑張って探して、4つ見つけました。
とっても小さくて軽いものなのでそっとティッシュに包んで持ち帰りました。

P4041118.jpg

ツアーで行ったので、この星砂探しも時間に追われ。。。
でもフリーできてたら確実に1時間は星砂を拾い続けたであろう。

ちなみにお土産や売店で売っている「星の砂」はこんな手間をかけて探せないので。
この有孔虫が生きているうちに採って(海草にいっぱい付着しているそうな)乾燥させたものですって。

そりゃそうよね。
土産にするほど拾ってたら人手と時間が足りないよね。
うん、そんなもんだよ、お土産って。

私は自分でちゃんと拾ったんだから。。。
本当に自然死したものなんだから。。。
。。。だからなんだってのか。

お土産としてツアーコンダクターさんからいただいたものもあります。
「星砂が見たい!欲しい!」ってかたはご連絡を。送りますぞ。
楽しみにしていた竹富島は、大満足でした。

P4041117.jpg


にほんブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
16:15  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'04.07 (Thu)

沖縄旅行記③憧れの水牛車!

さてさてそろそろでございますよ。。。
そもそも沖縄行きたーい!とあきが言い出したきっかけ。

あきが一番楽しみにしていた、水牛車のお時間です!

水牛がごとごとと車を引いて、由布島まで渡してくれます。
暖かな日差しの中、晴れた空のした、ちゅら海を眺めながら乗る水牛車。
ぐはー憧れる~!

が、しかしながらお天気は、雨が降りだし風は冷たい悪天候。

水牛車に乗れる!テンション上がる!しかし雨(涙)!テンション下がる!
はぁ~。。。お天気がもっとよければ良かったんですがねー。。。

いやいや、ゼイタクだ。水牛車乗れたんだからもう十分。

水牛はおっとりして見えるけどかなり攻撃力は高いらしく。。。
そのため船頭(?)さんと、水牛はペアを組み、信頼関係を築いておくそうです。
船頭さんは週休二日、水牛も一緒にお休みなので週休二日で働いているそうな。


P4040347.jpg
由布島へ!


水牛には一頭一頭ちゃんと名前があって、あきさきが乗った水牛は「まこちゃん」
なかには「おすぎ」なんて名前もあります。「ピーコ」もいます。

あきさきが乗った「まこちゃん」(女の子・3歳)
負けず嫌いですごいスピーディーに前の水牛を抜きにかかります。
ですがご主人が三線を抱えて歌を歌い始めると、ピタリ止まります。
ご主人が歌い終わる頃に由布島につくようにスピードを自分で調整。
賢いですね、水牛!
まこちゃん、絶対ワタシより空気が読める!!!

しかしですね。やはり雨風がツラかった!
水牛車に乗ってるときからすでに寒くてたまらなくて。。。
由布島についても植物園見ずにお土産見てました(笑)
あーこの淡水パールのネックレスいいな、みたいな(笑)

由布島の植物園を前に力尽きたあき。
さきがしっかりと写真を撮ってきてくれましたのでドウゾ。

P4040354.jpg

P4040353.jpg

ハイビスカス、ブーゲンビリア、沖縄定番のカラフルな花々。
ガイドさんから聞いたお話によると、ハイビスカスは髪に飾る位置で意味合いが違うそうな。
恋人募集中のヒトは頭のてっぺんに飾るんだそうですよ。

ガイドさん「欲張っていっぱいつけるとハイブスカスと言われちゃいますよー(笑)」

。。。。。。。危なかった!!!


植物園の脇には、水牛が飼育されており、みんなのんびりお休み中。

P4040358.jpg

P4040361.jpg

こどもの水牛ちゃん。可愛すぎる。

植物園に行ったのに、さきのカメラに収まっている写真はほぼ水牛。
動物好き、哺乳類大好きのさきらしいですね。


このあとは一度由布島から西表島に戻り、船で竹富島に向かいます。
竹富島の模様は、さきがお送りしますネ☆



にほんブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
15:34  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'04.06 (Wed)

沖縄旅行記②マングローブの森へ

旅行二日目、本格的に四島巡り観光ツアーがスタートです。
この日一日で四島とそのメインの観光地を網羅するというけっこうなハードプラン。

朝6時起床!6時半朝食!。。。ワアなんか修学旅行生みたい。
7時過ぎにはホテルを出てバスに揺られて最初の目的地へ向かいました。


ちなみにこの日のプランは。。。
まず石垣島から船で西表島へ。
マングローブの森を船でめぐる仲間川ジャングルクルーズ。
そして「サキシマスオウノキ」を見学。
水牛車に乗って由布島へ渡り、植物園を見学したら、また船に乗って竹富島へ移動。
竹富島で、島の集落と星砂の浜を散策。
船で石垣島へ戻り、石垣島の景勝地、川平湾でグラスボートに乗り、珊瑚礁を見学。
琉球真珠を見学して、ホテルへ戻る。

。。。と書くだけでも目まぐるしい、観光プランです。

しかもこの日は雨!気温は十九度!沖縄では冬の気温です。
寒い!夏仕様の服装はかなりキビシイ!

そんななか最初に向かったのは西表島。石垣港からは船で40分くらいです。
レッツゴー西表島!

しかし。。。この船、予想をはるかに越えるスピードでトバす!
ブババババッっと轟音たてながら激しく揺れる船、怖い!ハンパなく怖い!

。。。がしかし気付けば、睡眠不足のあき、さきにもたれて爆睡。
すっかり寝こけておりました。げに恐ろしくは睡魔です(笑)

ジェットコースターシップ(命名)で到着した西表島。
石垣島が都会に感じるくらいどこ見ても緑の大自然が広がっていました。

では、いざマングローブの森へ!

P4041108.jpg

仲間川を進む船の名前は「マヤプシキ5号」。
なんかロシア人みたいな名前ですな。。。


P4040322.jpg
『仲間川ジャングルクルーズ』行ってきまーす!


P4040339.jpg

船に乗り、マングローブや生息する動植物をみながらゆっくり仲間川の上流へ向かいます。
仲間川の水は、海水と淡水が混ざっているので、植物の生態系も面白いです。
ジャングルクル-ズの終点にあるのが「サキシマスオウノキ」。

「サキシマスオウノキ」はマングローブ後背地の湿地帯などに生育する亜高木。
板状に成長した板根が有名だそうです。

このサキシマスオウノキを見るために陸にあがり、遊歩道を行くと意外とすぐ到着。

P4040332.jpg

P4041110.jpg

なんとも不思議なカタチをした「サキシマスオウノキ」。
樹高18m、板根地際の周囲35.1m、板根の高さは最大3.1m。
西表島の同種のなかでは群を抜いてでかいのだとか。


P4040330.jpg

これが根っこというのが不思議。あきの目にはとろろこんぶに見えます。。。

この「サキシマスオウ」樹齢はなんと400年!
けれど水分が多いため、切って年輪を見ても正確な樹齢は不明なんだそう。
ひょっとしたらサバ読んでるかもしれないですね。


P4040337.jpg


マングローブの森のなか初めて目にしたもの、初めて感じた空気。
言葉ではうまく伝わらないので、写真をたくさん撮ってきました。
写真のほうもこれまた巧くはないのですが。。。
少しでも伝わるといいなぁ、この感動。

この旅行記に載せた写真は、お着物ごっこから、皆様へのお土産です。
どうぞ受け取ってくださいませ。


さてさて次に向かうのは、あきが一番楽しみにしていた「水牛車」です!
レッツゴー!!



にほんブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
12:00  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011'04.06 (Wed)

沖縄旅行記①  石垣島に到着!!

行ってきました、石垣島二泊三日の旅行!

朝7時におうちを出て、特急列車に揺られ福岡へ。
そして福岡空港から沖縄那覇空港へフライト。
さらに飛行機を乗り継ぎ石垣空港に到着!
石垣空港到着時刻は三時半、七時間かけて長崎から石垣島にたどり着きました。

な、長かった…。長い道のりでした。

石垣空港到着時、石垣島の気温は23度くらい。半袖でも暑いくらいでした。
ふふふ、来ましたね、来ちゃいましたよ南の島!
お洋服を南国仕様にチェンジです!

P4031084.jpg

沖縄仕様に変身です!
ブーゲンビリアのお花と並んでいよいよ興奮してきました!!
テンション上がりっぱなしのこの母娘、ふたりでぶらり沖縄離島巡りの旅スタートです!


たくさんの土産話を持ち帰ってきましたので、長文になりますが。。。。
どうぞお付き合いのほどよろしくお願いいたします。


P4030273.jpg


石垣島に到着してまず温かく迎えてくれた石垣空港。
なんといいますか本当に南国らしいゆるーい空気が漂う空港で。

空港と言うより市場って感じです。
売店ではごく普通の顔でパイナップル売ってるし。マンゴーも売ってるし。

P4030275.jpg

そして何なんだこのパクリの二乗のような二人のヒーローは。
沖縄では有名人なのか!?思わず撮ってしまったじゃないか(笑)

P4031081.jpg
「琉神マブヤー」??

しかしこの旅にてあきは、さっそく出会ってしまったのです。
先ほどのヒーローに根性叩き直して欲しいヤツを。
ミドリのリュックをからったその少年は、なんかしらんけど横のお母さん相手にひたすら不平ばっか。
聞こえてくる妙なクール気取りの発言ははっきり言ってうざい(悪意満載)。

もーアレなんとかしちゃってくださいよマブヤー!!
あのミドリのリュックのかめむし少年(命名)を!!(笑)


石垣島到着後、まず向かった「ミンサー工芸館」。
ミンサー織については、きもの文化検定受験者としちゃ貪欲に勉強したいところ。
ミンサー織のおりばたから作業工程から歴史から。。。ワァ知らないことだらけ!
「きもの文化検定」の知識って、範囲広いけど、答えはわりと浅いのかしら??

P4030287.jpg


コチラは、沖縄の海を表現したミンサー織。色合いが絶妙すぎる!

P4031088.jpg


夏川りみが紅白歌合戦のとき着たと言う、ミンサー織のドレスなどの展示もありました。
どのドレスがお好き?

P4030283.jpg

P4030284.jpg

P4030285.jpg


お次はバスで「バンナ岳展望台」に向かいました。標高230メートル。
石垣島は平ぺったい島なので、ここまで登ってくると島全景が一望できます。

P4030291.jpg

この日は黄砂の影響で視界があまり良くなかったですが。
天気がいい日は島々が八重に重なって見えるそう。
「八重山」という名前はここからきたそうです。

P4030296.jpg



一日目の観光はおしまい。夕方5時、ようやくホテルに到着!
宿泊する石垣シーサイドホテルは、全室オーシャンビュー!
広いテラスに出ると美しい海が目の前に広がっています。

P4030297.jpg

P4031097.jpg

P4030299.jpg


お部屋もリゾート感たっぷりです☆

P4030304.jpg


ちなみに一日目の夕食は「石垣牛のハンバーグ」でした。
ドリンクは、ココは沖縄ですもの!やっぱこれでしょ!のオリオンビール!

P4031101.jpg
幸せそうねー、さきさん。。。


夕食のあと目とはなの先の真っ白い砂浜に出てみました。
さざ波の音をききながら波打ち際で打ち寄せられた珊瑚を拾ったり。
なんかすごーくゼイタクな気分。

P4031103.jpg

P4031104.jpg

P4031105.jpg


さらに夜は、オプションツアーで星の観測に行きました。
星のおじさん(自称)に星について教わりながら、芝生に寝転がって双眼鏡で星を見ます。
真っ暗な石垣島の夜空を仰ぐと、びっくりするくらいたくさんの降るような星。
夏には空一面に天の川がそれは美しいそうです。

そして天体望遠鏡で土星を見ました。
参加するこどもたちに順番を一切譲らない大人気ないオトナふたり(笑)
さきなんて一番に陣取ってましたよ。
望遠鏡を覗くと土星のわっかまで見えて感激でした!

しかし途中から空が曇ってきたため、天体観測はおしまい。
でも星のおじさんが最後にかわいい星をひとつくれました。
星ころというおもちゃ、中には珊瑚が入っててチリチリ音がします。
おじさん、ありがとう!


そんな星がキレイな夜だから、やっぱり飲まないとね。
オリオンビールとおつまみでまったり。これがあってこそのバカンスよね。
とっぷり石垣島の夜は暮れていきました☆

まだまだ続くヨ!



にほんブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村

09:54  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'09.18 (Sat)

岡山旅行記3~倉敷

岡山一泊旅行、一日満喫した岡山から場所を倉敷へ移動。

旅行二日目の予定は「倉敷美観地区」をめぐり満喫しちゃお☆
という初日とはうってかわって大変女子的な旅プランでした。

岡山駅から電車に揺られること15分、宿泊先の倉敷のホテルは駅から徒歩10分。
倉敷の見所がぎゅっと詰まった「倉敷美観地区」まで徒歩5分の「ホテル日航倉敷」に宿泊。

女子同士のお泊りらしい盛り上がりもなく翌日に備えて、夜は全員わりと素直に就寝。
岡山をあんだけ歩いてめぐっておいて、さすがに眠れないはナイですね。


翌日、倉敷は眩しいような晴天!
ホテルで朝食のあとさっそく「倉敷美観地区」へ!

P9140344.jpg
美しい。。。!!!

朝日眩しい美観地区ですが。。。ちょっと時間がフライング。
川の両側に連なる建物は、ほとんどがまだ準備中。。。
とりあえず散策してまわるか、と地図を片手に美観地区を歩くことに。

地図が読めない女あきは、しっかりもののお友達にくっついて歩いていたのですが。
気が付けば、なぜかまた階段を上っていました。
前日に散々登ったじゃん、階段!それなのにまた登るんかい!
しかし金魚のフンのあき、この階段がどこへ続くのかわからないままひたすら登りました。

P9140346.jpg


まず最初に「米寿坂」八十八段を登り。。。
P9140345.jpg

次は「還暦坂」の六十一段。
P9140347.jpg

ラストは「厄除坂」三十三段。
P9140348.jpg


ゼハゼハ言いながら階段を登り。。。ようやくとっぺんに到着。
とっぺんにあったのは「阿智神社」という神社。

八十八段、六十一段、三十三段の階段を登りきったところから見渡す風景。
すごい!倉敷が一望です!!

P9140351.jpg


さあ今日はこの町で、思い切り遊ぶぞーー!
気持ち新たに、意気込み、倉敷散策スタートです!

お天気が良かったので、まず倉敷着たらコレははずさない!と決めていた川舟に乗りました。

P9140353.jpg
船頭のおじちゃんたち、オトコマエです!

おじちゃんたちとオソロの笠を被って、団扇をレンタルして、いざ川くだり。
三人並んでることろを、おじちゃんが撮ってくれました。

P9140354.jpg

おじちゃんグッジョブ!バッチリ撮れてる!そして全員笠似合いすぎ!(笑)
あきは舟の一番先頭にのっけてもらいました。
ゆっくり進む舟は、吹いてくる風が涼しくて気持ちがよくて。。。ハ!今一瞬ワタシ寝てた!

P9140359.jpg

このあと「大原美術館」へ向かいました。
大原美術館は広いので全部見ていたら2時間くらいかかるそう。
なので興味があった油絵を見てきました。名画がずらっと並び壮観!でした。


お昼ごはんは、カフェでランチにしよーよ!
オシャレなカフェたくさんあるし、岡山のフルーツ盛り沢山のスイーツ食べよ!

なんて言っていたのですが気付けば、岡山B級グルメをいただいておりました。
Kちゃんのリクエストで、カツ丼です。

P9140361.jpg

すごいボリューム!のランチでした。
カツが半端なく大量に乗ってるし、お漬物とわかめスープも付いてきました。
カツカレーとの違いは、かかってるルーが、カレーかハヤシライスってところ☆
ボリュームありすぎやろー!と思いながら完食。
お味は、なかなか美味しゅうございました。


倉敷美観地区、和雑貨のお店がずらーっとあるんですね。
あっちこっちとお買い物を楽しんで。。。とゆーかお土産選ぶの大変でした。
数がハンパナイ倉敷の和雑貨のお店でそうとう悩みましたよ。。。


あきは自分用に、髪ピンを購入しました☆

P9140369.jpg

京菓子に似せて作られた「千鳥」の髪ピン。かわいい!
いつどこでどうしようどう使おう?楽しみだけどまだ未定です。
あとトンボ玉のお店でガラス製のハートのストラップも買いました。


楽しかった岡山旅行もそろそろおしまい。。。
岡山駅発5時の新幹線をホームで待ちながら、旅の感想はみんな一緒。

「なんだか昨日新幹線に乗ってきたのになんかすごく長く岡山に居た気がする!」

時間とメンバーの密度が濃ゆすぎて一泊二日の旅行だったとは思えない旅でございました。


このメンバーで高校生をやっていたのがもう10年も前。。。
10年前に同じクラスで授業受けてたあの頃と、もう今は環境も生活も全然違うけれど。
それでも今だって集まれば、みんな、笑って一緒の時間をすごせる。

「アンタはほんっと変わらないよね!」ってツッコミいただいてなんだか嬉しかったなぁ。
ワタシはこれからもかわらずに、ボケ倒して面白おかしく日々をすごしていくと思います。


新幹線が駅に到着。それではさらば岡山!最高の時間をありがとう!

P9140368.jpg


3記事にわたる「岡山旅行記」おつきあいいただきありがとうございました☆

にほんブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
08:17  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010'09.16 (Thu)

岡山旅行記2~岡山城と後楽園

吉備津神社から再び岡山駅まで戻り、岡山行くならコレ見なきゃ!の観光スポット。
「岡山城」と日本三大名園「後楽園」へ行ってきました!
自称「歴女」のメンバーズですからココははずせません。

まず「岡山城」へ。
岡山城の別名は「烏城(うじょう)」といいカラスのような黒い外壁が特徴です。

P9130315.jpg
本当に黒い!RPGに出てくるラスボスの居城みたい!(笑)

天守閣まわりの砂利が敷かれた場所には、四角くラインが引いてあり区分けされています。
これは「昔城が建っていた頃、何の部屋がどの位置にあったのか」示すライン。

そのときKちゃんが「井戸」のプレート発見!
あきがさらにその井戸の跡に小さな穴が空いてるのを発見。

あき「この井戸埋め立ててないっぽくない?」
Yちゃん「いや、まさかさすがに埋めてあるんじゃないの?」
あき「でももしかするかもよ?どのくらい深い井戸なのか。。。はかってみない!?」

あきの悪ふざけに、即座にKちゃんが「よしきた!」と小石を持って来てくれました。

小石を穴から落として、どのくらいの間があったかで井戸の深さを計測してみよう。
(27歳女子がそんな悪ふざけやるなよ。。。)

あき「。。。。。。行くよ!」

小石を落とし、しばらくしてから、カツーン!と小さな音。
クモの子散らすように一斉に「井戸跡」の上から散開!

あき「ヤバイヤバイヤバイ相当ヤバイよあの井戸相当深い!!」
Yちゃん「なに今の間!かなり時間あったよ!!?」
Sちゃん「コレ落ちたら助からないね。」
Kちゃん「。。。"貞子"??」
イヤアアアア!!


「井戸」は忘れてさくっと天守閣行っちゃいましょう!レッツゴー天守閣!
天守閣のなかは「岡山城」資料館になっています。

天守閣は6階まであるのでまずエレベーターで一番上まで昇ります。
で、階段を下りながら各フロアの展示を見ていくのですが。。。
いきなりとっぺんなので、いきなりご対面。

P9130316.jpg

金のしゃちほこです!エビフライではありませんよ。
間近で見たのは初めて、しゃちほこったらスゴイ目力です!

しゃちほこの向こうに見えている芝生が「後楽園」です。
思わず本音をつぶやくあきとKちゃん。

あき「。。。アレが後楽園?なんてーか、こう。。。」
Kちゃん「ただの芝生に見える。」

。。。さすがKちゃん、一刀両断です。切れ味抜群。
遠目から見る後楽園って、名園っていうよりゴルフ場ぽい。

岡山城天守閣に展示されている、甲冑やら、刀やら、鞘やら鍔やら、火縄銃やら。
「武具」にうっとり見とれる女子4人。1階に下りるのに異様に時間を使ってしまいました。
そしてちょっとお腹すいたね~なんて言いながら、1階のカフェでちょっとティータイム。

あきはお抹茶ときび団子、Sちゃんは抹茶アイス、Kちゃんは「お城パフェ」。
甘味どころをオーダーする3人、しかしYちゃんひとり、うどんをオーダー。
マイペースだなぁ、AB型は(笑)
あ、でもよく考えたら、KちゃんSちゃんもAB型だわ。あき、むしろアウェー?

こんなことしてるから後楽園に向かう頃にはすっかり夕暮れ。。。
岡山城から橋を渡り、後楽園へ向かう途中、橋の下に白鳥の足こぎボートが見えました。
夕方なので白鳥さんたち、羽を休めて休憩中でした。その中に、信じられない鳥を発見!
カタチは白鳥ですが、あれは紛れもなく。。。
タンチョウ鶴!!!

証拠写真。
P9130320.jpg
かなりウケた!

またも時間ロスってしまいましたが、ハイここから日本三代名園「後楽園」に入場です。
後楽園に入って一番最初に抱いた素直な感想。

P9130321.jpg

広っっっ!!!
そうです、広いんです!広大な敷地面積です!
岡山城がちーっちゃく見えるよ!?


P9130326.jpg

P9130323.jpg

P9130324.jpg

「ただの芝生じゃん??」とかナマイキ言ってスイマセン!!
一面の芝の緑の鮮やかさにウットリ。

P9130322.jpg
ウットリする友人たちを隠し撮り☆


中までを見ることはできなかったけれどお茶室や、能楽堂などの建物の風情もステキでした。

菖蒲に梅林、蓮池や楓などが植えてあり、季節ごとに「見どころ」があって。。。
これならきっとお殿様たちも退屈知らずに、この名園を楽しめたのでしょう。

いいなーアタイもお殿様に成りたいな。

ちなみに観光地なのにやけに閑散としているのは時間が遅いからです。

岡山城で足止めをくらい、ゆっくり後楽園見るには時間が足らず。。。(汗)
入園時間が遅かったので、後楽園を半分ほどまわったあたりで、南口閉鎖のアナウンス。
おそらく閉園時間ギリギリまで居座ったワタシたちがラストの観光客だったでしょう。


そして夕食は韓国料理のお店にて。
ビビンバ、トッポギ、チヂミ、みんな好きなもんをばんばか注文。
飲み物は、久々の再会だもん、もちろん軽くアルコールでいきましょう。
韓国では「カンパーイ!」を「ジャーン!」って言うらしい。
それでは皆様準備はよろしいですか!?さあ、カンパイ!

あき「ジャーーーン!!!」
Yちゃん「お疲れッスー!」
Sちゃん「ういーっす」

。。。みんな!言おうよ「ジャーン」!!!
ひとりジャーンは寂しすぎるよ!!

気をとりなおしまして。。。久々の再会を祝してカンパーイ☆

P9130331.jpg

P9130330.jpg

P9130332.jpg


肉を焼く鉄板の熱が風下のワタシに吹きつけ若干ビールが温くなってみたり。
激辛いチーズトッポギをトッポギのみ食べさせられたり。
みんなチヂミとかビビンバとかお互いに交換して食べているのに、あきのサムゲタンだけ不人気。
ボリューム満点の、鳥モモ肉をひとりかじりつくことになったり。
いやあ、美味しかったわー(笑)

高校時代からグループの「ボケ」担当のあきでしたが、このメンバー全員が「ツッコミ」。
3対1で「ボケ」圧倒的に不利。さんざツッコまれながらのお食事でしたが。。。

Yちゃん「あきって昔からホントにボケまくるけど絶ッッ対!すべらないよね。」
。。。と「ボケ冥利」に尽きる誉め言葉いただきました。


お食事後、日帰り参加だったYちゃんは、「帰りたくねー」と言いながら帰っていかれました。
お見送りして、お泊まり組は、岡山駅から倉敷へ。


「岡山旅行記3~倉敷美観地区」に続く。。。

にほんブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
11:10  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT