All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2013'11.20 (Wed)

型染め教室とみかん狩り

型染め教室に行ってきました☆
。。。と言ってもしたのはデッサンをちょこっとして図案を描いた(試作)だけ。

残りの時間は、みなさんの持ち寄りのお菓子をお腹いっぱいいただき、まったり。
染色でご一緒のゆいさん&あさみさんと、温かいうどんをいただき、まったり。
まったりしてるうちに、今年のラストの型染め教室が終わっちゃいました!!
あらら~~。。。(汗)

しかし来年からはそうは行きそうにありません!
あきさきに、来年はとんでもない宿題が課せられました!

「母娘、来年は帯を染めること!」

ひええええ!!!来年いきなり『帯』ですか!!?
この母娘、帯どころか、まだ暖簾も、手ぬぐいさえ作っていませんよ!?

先生方~~、いきなりぐぐっとハードルが上がりすぎてやしませんか!?
それって小学生にイキナリ棒高飛びでブブカの記録に挑戦しろ!ってくらいの無茶ですよ!

しかし来年の2月までに『帯』の図案を考えてくるように!とのこと。

そりゃー、染色をならってるんだもの、帯も染めてみたいななんて思ったことはあります。
でもそれってけっこう遠目の「いつか」の話だったんですよ。
その「いつか」がこんな早くやってくるとは!!?
でもこのサボり魔の母娘には、このくらいの試練が必要なんですかね。。。

デザイン、型彫り、染め、仕立て。。。まさに全てが「世界で一本私だけのオリジナル帯」☆
。。。になるわけですが、本当に出来るのか!!?
とりあえず1月の成人式までは身動きできませんが、それが終わったら本格的に図案考えなきゃ!


型染め教室のあと、ゆいさんにお誘いいただき『みかん狩り』をさせてもらいました!!
ゆいさんのおうちの農園は、すっごい広いみかん畑があるのです。
これ取り放題収穫しちゃっていいんですか!!?わーい、みかん大好き!うれしいな♪

あきよりも大喜びだったのは『収穫好きのさきさん』。
嬉々とした表情で、みかんを収穫してらっしゃいました。

PB200964.jpg


あさみ師匠、さすがに手早い!
あっという間にオレンジ色のバスケットが運動会の玉入れ状態です!

PB200962.jpg


ゆいさん「もぎたては一度食べたらもうスーパーのみかん食べられないよ!」

PB200966.jpg

では遠慮なくもぎたてみかん、いただきまーす!!
一口食べて感動!!ジューシィって言いますの?みずみずしさと甘さが段違いです!

クセになって収穫もおろそかに、ひたすらみかんを試食するワタクシ。
。。。カゴがいつまでたってもいっぱいにならないわ(笑)
これじゃ農家には嫁げない~~!(笑)


あきを尻目に、もくもくとみかんを収穫するあさみさんとさきさん。
PB200967.jpg
ひょっとしてお二人とも。。。。。。プロ!!?


結局こーんなたくさんの美味しいみかんをいただいてしまいました!

PB200970.jpg

段ボール箱二箱分にぎゅうぎゅうのおみかん収穫です。
みかん星人あき、幸せー!!←一番収穫に貢献してないヒトが一番喜んでる(笑)

美味しいみかんは、美味しいうちにいただこうと思います♪
ちょっとリッチにみかんジュースとか作ってみたいかも!!

ゆいさん、あさみさん、美味しいみかんと楽しい時間をありがとうございました♪
来年は無謀な計画の『帯』の染めを一緒に頑張りましょう!


にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
23:53  |  染色  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2013'10.21 (Mon)

険しく長い型染めの道

今日も良いお天気の長崎、絶好の型染め日和です☆

週の後半からはお天気崩れるって天気予報も言ってたし。
あきとさきったらおそろしく飽きやすいし。
何とか今日のうちに、作りかけの型染めを完成させなきゃ!
そうじゃなきゃ、この作品は永遠に完成しない気がする。。。

というわけで、今日も母娘二人して型染めやっております。

あきは、バッグ製作用の布を二枚染めてる途中、昨日は二枚目の地染めでタイムアップ。
さきは、一枚は色を挿すところまで行きましたが、もう一枚の手ぬぐいは地染めもまだ。

でもまあ、とりあえず「染める」工程まではたどり着きました。
しかしココからが本当に難しいのです!特に細かいところに色を挿すトコ!

まず染料を混ぜて色を作らないといけないのですが。。。

P1011259.jpg

さき「何色と何色を混ぜたらいいかわかんないよ!青と黄色って足したら何色!?」
あき「さきさん。。。それは小学校の図画工作レベル。。。」
※正解はもちろん「緑」です。

この染料がほんのちょこっと混ぜたとたんに色が変わっちゃう曲者。
あきは「落ち着いた赤」と「淡い赤」が作りたかったんですが。。。

P1011258.jpg
なにこのタオル!?これってもしや血痕!!?

。。。いえ、何度も赤の色を調整した結果タオルが真っ赤になっただけです。
微妙な調整を繰り返して、ようやく希望の色にたどり着くのです。


そして作った染料を小さなはけにとり、色を挿していくのですが。。。
このときよく染料をはけから切っておかないと。。。

あき「ぎゃーーー!!ぼてっと染みたーーー!!!」
。。。ってなるって昨日、教わったばっかでしょ!!

P1011261.jpg
染み染みになっちゃった金魚さん。。。どうなることやら。


あーだこーだしつつ色挿しが終了。
お次は、色を定着させるために「フィキサーテン」という薬品を布に引きます。
この薬品、劇薬!らしいのでゴム手袋をつけて、はけで塗っていきます。

P1011263.jpg

塗り終わったら40分くらい放置。これで染料がしっかり定着します。
で、あとは薬品の中和液を塗ってから水で洗い流します。
このとき糊も一緒に落とすので、乾かしたら完成ー!!


完成☆
P1011265.jpg

金魚さん。。。思ったよりしみしみじゃないけど。。。
地色が薄すぎて何なのかよくわかんないヨー!!
もう一枚の桜にいたってはお披露目も出来ない状態にございます。。。
よーーく目を凝らさないと、なにが染めてあるかもわかんない。
老眼のさきさんにいたっては見えないそうですーー(涙)

満足できる作品が出来上がる日は本当に来るのか!!?
何事も「千里の道も一歩から」っていうけど三歩で心が折れそうです。。。

二日間かけて完成がこれって。。。染色の道は険しくござりますなあ。


ランキング参加しています、どうかぽちっとして傷心のあきさきを励ましてください。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村


18:00  |  染色  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2013'10.20 (Sun)

型染め同好会☆

先日、月一の型染め教室に行けなかったあきとさき。。。
11月の文化祭に作品を出展しなくてはいけないのになーんにもできてません!
それどころか型染めの手順を全て忘れ去ってる!!ダメじゃん!!

どうしよー!?と焦るダメダメ母娘に、救いの手が差し伸べられました。
型染めを一緒に習っている、ゆいさん&あさみさんが我が家に来てくれました!
今日は4人で一緒に型染めのお勉強会☆
。。。というかお二人が先生であきさきが生徒。
ゆい先生&あさみ先生、お世話になりますー(平伏)


お腹が減っては戦は出来ぬ、ということでまずはお昼ごはん♪
美味しいお弁当と、ゆいさんお手製の大学芋!
お手製の大学芋は、安納芋の大学芋だそうで甘くって美味しかったー♪

P1011241.jpg

P1011242.jpg

型染め教室若手のホープ、あさみ先生。
もうしっかりオリジナルの素敵な型染め作品を作ってらっしゃいました。
先生。。。いや師匠と呼ばせてください!!


では型染め勉強会開始です!

あきは二枚布を染めて、それでバッグを作ることにしました。
時間もないのにぶきっちょあきには無謀だったかしら??
でも和裁士ゆいさんが作り方を教えてくれるとのコトなので挑戦することにしました。

バッグを作るのに必要な布を準備するところからスタートです。
そうです、まだ「布」すらできあがっていない完璧なるゼロからのスタートです!(笑)


型染めの工程その一『型彫り』。
型染め様の紙に図案を描き、カッターで彫っていきます。

P1011243.jpg

ゆいさんも型彫り中。。。
あきの、桜の花を彫った型紙が完成しましたー!

P1011249.jpg


型染めの工程その二『糊置き』。

P1011254.jpg

型紙の上から防染糊をへらで置きます。
糊を置いたところは、染まらずに白く残ります。


コチラはさきさんの作品、「鳥ちゃん」の糊置き後。これから地色を染めます。

P1011247.jpg


型染めの工程その三『地染め』。
好みの色に調合した染料を、大きなはけで全体に塗っていきます。

P1011250.jpg

さきさん、地染め中。地色はキレイな若草色です。
薄ーい色を塗っては乾かしを繰り返します。好みの濃さになるまで繰り返し×2。
お天気がいい日でないとなかなかできませんね。

染料は塗る時、しっかりはけの水気を切っておかないと、防染糊に染料がしみてしまう!
白く残す予定のところまで色が入ってしまうので意外とムツカシイ!


あさみ師匠も、作品製作中です。。。

P1011253.jpg
なんか高度なことをしてらっしゃいますよ!?

一度糊を置いて、先に染料でお花に色をさしてます。
そしてお花の部分にもう一度、糊を置いてから地色を染めます。
お花の色と、地色が混ざらないように染める方法です。

P1011257.jpg


あさみ先生に教わり、さきさんも挑戦!
以前彫っていた型紙をもう一度使って、てぬぐいを製作中。

糊置きのした後、たんぽぽのお花の部分だけ先に染めて行きます。

P1011256.jpg

この後、お花の部分にもう一度糊置きします。
あさみ師匠や、さきさんの作品のように布地が長めの場合には『張り木』を使って布を張ります。
小さめの作品の場合は、竹ひごの先に針がついた『伸子』を使います。


あきも、糊が固まったところで地染めです!
薄いピンク色の染料で地染めすること3回。
しかし、ちょっと染料が薄すぎた!?なかなか地色が思った色に到達しません。

ああ。。。これで本当にバッグなんて完成するのか!?
道はかなり険しいぞ!?
あきは本日、地染めまででタイムアップでした~。。。


さきさんは「鳥ちゃん」の地染めが終わったので、今度は色挿し。
糊が置いてあるところには色が入れられませんが、糊を置いた場所の間などには色をつけられます。
木にとまっている鳥さん、葉っぱ、木の実などの模様の間に染料を小さなはけで刷り込みます。
ところが。。。

さき「ああああ失敗した。。。もうだめだ」
あき「何があったのさー?」
さき「染料がね。。。こう、ボテっといっちゃったのよ」

そうです、この色挿しは慎重に行かねばならないのです。
はけの染料を十分に絞っておかないと、布地にぼってり色が滲んでしまうのです。

あさみ師匠も仰ってました。
色挿しは染料をカスカスに絞っておくのがコツ!
でも、ついまどろっこしいのでたっぷり染料つけちゃうんですよねー。。。

ゆいさんも、色を挿す場所が多いと途中で集中が切れちゃってぼてっといっちゃうって言ってたものね。
ゆいさん&あさみさんの「和裁士コンビ」の根気をもってしても「ぼてっ」と行っちゃうんだから。。。
「短期集中」ばかりやってる着付け師には、この根気のいる作業はムツカシイ!!
染色のおばちゃん先生方の集中と根気って如何ほど!!?


今日は、あきは「型彫り」から「糊置き」と「地染め」まで。
さきは、「糊置き」と「地染め」、「色挿し」まで。
ゆいさんは、「型彫り」と「糊置き」。
指導係でもあったあさみ師匠は、「色挿し」。

。。。ここまでで終了。

一番作業が進んでいないのは、ひとつも作品を完成させてないあきですね。
(あさみさんとゆいさんは事前に作品を作ってましたし、さきは完成間近)
まだまだ作業は残ってるよー!しかも染めた布でバッグ作る予定だよー!
出来るのかな!?間に合うのかな!!?焦るよー!

でも今日は、ゆいさんとあさみさんと一緒に楽しい一日を過ごせたからそれでいいかな♪と。
あさみさんが作ったてるてる坊主がめちゃ効いて(笑)お天気も上々。
とてもいい、気持ちのリフレッシュになりました。

ゆいさん&あさみさん、遠いところわざわざありがとうございました。
また一緒に染色頑張りましょうねー!
。。。。って一番頑張らなきゃイカン人間が言うな!(笑)


ランキング参加しています、ぽちっとお願いします!

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
19:31  |  染色  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013'09.19 (Thu)

久しぶりの型染め教室

昨日は久々に、お隣佐賀県鹿島市まで型染め教室に行って来ました。

昨日の教室は、佐賀県で有名な絵の先生をお招きしてデッサンの練習。
型染めの、型を作るのに必要な図案は、デッサンから起こします。
なので、まずデッサンを学びましょう、ということでした。

この話を聞いた時のあきさき各自の反応。

あき「わー!楽しそうーー!!」←お絵かき大好きっこ。
さき「。。。。。。。うへぇ」←お絵かき苦手っこ。

さきさん、そんな顔しなくってもいいじゃない。
さきさんの絵は、ある意味芸術だとワタシは思うよ!!(笑)


教室に入るとたくさんのお花が飾ってありました。
野の花が多くて、見たことがないお花もありました。
その中から好きな花を選んで描く、というのがこの日の課題。


特別講師の先生は、優しそうなおじいちゃん先生。
佐賀県の新聞に植物の絵を掲載されていた、佐賀では重鎮の先生だそうです。
最初に先生が書かれたという、植物の絵のポストカードをいただきました!

2013091818300000.jpg

スーーテーーキーー!!
あきは、こぶしの花に似た、白い「タムシバ」というお花の絵が一番好きでした。
この絵は、筆に墨をつけて描いたものに、顔料で色をつけられたそうです。
筆を使うと鉛筆や筆ペンでは表現できない、線の強弱が表現できるそう。

楽しそうだけど。。。筆ってコトは一発描きですよね??
勢いのある絵になると、先生はおしゃるのですが。。。
アクセル踏まなきゃいけないところで安全運転したがる小心者に筆はちょっと難しそう。。。

ようし!とりあえず鉛筆デッサン頑張るぞ!!


ちなみにあきは、高校時代はほんのちょっとの間だけ美術部でした。
ところが美術部の先生がやたら芸術性とやらと、『入賞』にこだわる先生でまっったく考えが合わず。
わけわからん「牛骨」の油絵を描かされることになってしまったのです。。。

あたしゃー、好きな絵を楽しく描きたいんだよ!別に賞とか欲しくないんだよ!!
てか『牛骨』て!!もちょっとマシな題材はないのかコンニャロー!!
。。。と、我の強いあきは、先生に従って絵を描くこともできず、入部早々にバックレました(笑)
嗚呼、ほろ苦い思ひ出。。。

まあそんなツマンナイ思い出は封印して、久々のデッサンに嬉々として取り組むあきです。
画題を自由に選べるし、やっぱりお絵かきは楽しいなー♪


先生は、みんながスケッチしているのを見てまわりながらいろいろとアドバイスしてくださいます。
「もっと花をよく見て」とか「ちょっと小さいからもう少し大きく。。。」とか。

それを聞きながら、ふと自分のスケッチブックを見て気がつきました。

あ。。。ワタシの絵、かなり小さいわ。。。
なんか、紙の大きさに収まるように小さくまとめちゃってる。
横を見ると、さきさんもほぼ同じ状態。。。

案の定二人とも、先生から「上手にかけてるけどもっと大きく」のアドバイスが。
でも、先生の言い方は優しいし、アドバイスも的確にしてくださるので全然イヤじゃない!

絵を描く楽しみを思い出しつつ、アドバイスに従い2枚目に挑戦です。
今度はもう少し大きく。。。そして花をよく見ながら。。。

。。。ってまたちっちゃくまとまっちゃいましたケド!!?なんで!?
構図は悪くない。バランスも。でもちっちゃい絵になっちゃうんですよ!!なんで!!?
紙にこんなにも余白が残るのはなんでなのですか先生!!

答えは、あきが画用紙の端っこから描き出すから、でした。

もっと大きくあたり線(大体の大きさを決める線)を描いてから細部を描きこむ。
デッサンの基本をすっかり忘れておりました。
今度は大きく、あたり線をとってから描こう!と3枚目にチャレンジ。


あきのチャレンジの横で、さきは先生からしっかり描き方を教わってました。

さきが選んだ画題のお花は、鎌のような形の芯が特徴的。
そこが面白いねえ、と言いながら、さきのスケッチブックに先生がお手本スケッチ。
さらさら~っと描かれていく様子に、思わず手を止めて見入ってしまいました。

さきが正面から描いていたお花を、先生は横から描かれたのですが。。。
そうすると、花の特徴的な芯がくっきりと描かれて、花が活き活きとして見えるのです。
すごい。。。どうやったらこんなに描けるんだろう??

先生がおっしゃるには。。。
『とにかく絵は、たくさん描いてみること。月に一枚でもいいから描くこと。』
上達には、描く、それだけしかないそうです。

先生が初めにおっしゃられた言葉も印象的でした。
「周りの絵と比べず、自分の絵が一番いいと思って描いてください」

よく学校の授業だと「ナントカちゃんみたいに描きなさい!」とか言う先生いるじゃないですか。
その度に、ワタシは「ワタシはナントカちゃんと同じ絵が描きたいんじゃない!!」と反抗したものです。
いつもだれかと比較されてしまう、学校の授業。
そういうものから開放される。。。大人になるっていいですねぇ。


。。。で、あきの3枚目のスケッチですが。。。
これまた見事に失敗しました。敗因は「デカすぎるあたり線」です。

最初に大きく花のあたり線をとり、次に特徴ある虫食いのある大きな葉を描こうとしたんですが。
花がデカすぎて、葉っぱがスケッチブックに収まらない!!
。。。昔っからそうなんですよ、ワタシ「手加減」ってモンを知らないんですよ。


こうして2時間の、デッサンのお勉強会が終わりました。
そして型染め教室では宿題が出ました。

「各自家でスケッチを月に10枚描くこと。そして1枚は提出する」

。。。うへぇ。大変なことになっちゃいました。
でも、10枚は無理でも、とりあえず1枚は描こうと思います。
やっぱり絵を描くのは楽しい、その気持ちを思い出せたから。

金子先生、ありがとうございました。



ランキング参加しています、ぽちっとしてもらえるとうれしいです♪
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
10:35  |  染色  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'05.15 (Wed)

型染め教室に行ってきました!

お友達のゆいさんのおうちで、型染め勉強会をしてから一週間。
今日はそのときの作りかけの作品を持って、型染め教室に行ってきました。

P5151270.jpg


さきは勉強会で完成させた作品が気に入らなかったらしく「型彫り」からやり直し。
そしてもう一枚、作りかけていた「水仙と椿」のハンカチを完成させるべく頑張りました。

あきは勉強会のときに、部分染めまで終えたシャンタン生地の金魚ちゃんの仕上げ作業!
そしてさきと同じく、糊置きまでした「ほおずき」のハンカチを染めました。


~型染めの基本の流れ~
①型彫り(型紙を彫る)
②糊置き(防染のため、生地にのせた型の上から白く残したい部分に糊を入れる)⇒乾かす。
③呉を引く(にじみ止めのために「呉汁」を両面に引く)⇒乾かす。
④地染め(好きな色に調合した染料で地の色を染める)⇒乾かす。
※あきたちは染料に「ハンノール染料」という液体の科学染料を使います。
⑤部分を染める(色を入れたい部分に小さい筆でアクセントカラーを入れる)⇒乾かす。
⑥色どめ(「フィキサーテン」という強アルカリ性薬品で色を定着させる)⇒30分放置。
⑦糊を落とす(水で丁寧に糊を洗い落とす)⇒乾かす。
⑧アイロンがけして完成!!


簡単にまとめてもこんだけの作業が。。。汗。


とりあえずあきは、地染めと部分染めを終えた金魚ちゃんの色どめに挑戦です!
その前に先生のアドバイスで、赤い金魚ちゃんの目に黒い染料をちょこっと入れてみました。

P5151266.jpg

赤いうろこ部分もちょっと色が薄かったので濃く色を入れてみました。
この部分染めでかなり金魚ちゃんが活き活きしてきました!

P5150570.jpg


色どめですが、「フィキサーテン」という薬剤をたっぷり使います。
「ハンノール染料」という液体状の染料の色を定着させるにはこの薬剤が要ります。
ちなみに粉状の染料もあります。それをを使った場合、フィキサーテンは要りません。
けれど色を定着させるのに「蒸し」という作業が必要になるそうです。


いざ、色どめ!フィキサーテンは強い薬剤なのでゴム手袋を着けます。
新聞紙の上にさらにビニールをしき生地を置いて一気にフィキサーテンを塗ります!!
ビッチャビチャに塗ったら最低でも30分、そのまま放置。
でないと色が定着しないのだそうです。

。。。30分後、フィキサーテンを流して、糊を落とします。
いよいよあきの金魚ちゃん、クライマックスですぞ!

※フィキサーテンを流すときは、ゴム手袋をお忘れなく。
流水で丁寧に薬剤を落とし、洗面器の水を変えながら、基本は「降り洗い」。
間違っても、糊をごしごしとこすってはいけません。
刷毛を使って丁寧に、丁寧に、糊を落とします。
繊維に入り込んだ糊は、落とし損ねるとあとで黄変するのだそうです。
そしてお天道様のもとで乾かします!!これで完成!!

。。。出来上がりはぶっちゃけてビミョーでした(笑)
なんか色が薄すぎて。。。全体にぼやーーんとしたイメージ。
ハッキリ言うとお披露目するほどのもんじゃございません。。。
ですが、金魚だけはカワイく仕上がりましたよ!!


フィキサーテンを落とし、金魚ちゃんを乾かしている間に、ほおずきのハンカチに着手。
糊置きまで済ませたほおずきのハンカチ、まずにじみ止めの「呉汁」を引くところから。。。
と思ってたら、ハンノール染料の場合「呉引き」は必ずしも必要ではないとか。

なので、あき、ほおずきのハンカチは「呉引き」を省略してイキナリ地染め!
赤に染めたかったんですが色の調合のせいか、ショッキングピンクに!(笑)
アレレ。。。???ま、いっか???

葉っぱと実の部分の、部分染めを終えて、フィキサーテンを塗ります。

P5151271.jpg
びちょびちょ。。。


だいぶ作業の順番が頭に入ってきた!。。。などとウカレ気分はいけません。
ひとつひとつ作業は丁寧に!でないと。。。痛い目を見ますよ。

あきのほおずきハンカチ、糊置きがヘタクソだったため、地染めの染料が糊の下に入り込みせっかくキレイに白抜きになるハズだった部分が、滲んでカスカスに!!
部分染めもなんだか全部ぼやーーんとなってちっともアクセントカラーが際立たない!!

ハイ、こちらも結果から言うと「失敗」です(涙)

先生「これで糊置きがどんだけ難しいかわかったやろー(笑)」
。。。ハイもう身に痛いほどしみました。


来月はまた新しい型を彫る「型彫り」からやりたいと思います。
そしてまたいつか、失敗した型にも再チャレンジして今度こそいい作品作るんだ!!


読んでくださってありがとうございました、ぽちっとしてもらえるとうれしいです。

にほんブログ村
19:08  |  染色  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013'05.09 (Thu)

型染め勉強会

去年から『型染め』を習い始めたあきとさき。
ですが月に一度の教室に、行けなかった月が、行けた月よりも多くて。。。
基本をちょろっと習っただけで、依然としてまーーったくなんにもわかっていない状態です。

けっこうな費用をかけて必要なお道具だけ買い揃えているのですが、使い方がわからない!
これでは宝の持ち腐れ!でも染めようにも、型がない!型を彫ろうにも、図案がない!
あきとさき、スケッチブックを前に二人で型紙の図案を考えるもなにも浮かばずお手上げ。
それでもなんとかひねりだした図案で、型紙を作るも、それ以後何していいかわからない。
だれか助けて~~!!


そこで『型染め』を一緒に習い始めた、和栽士コンビゆいさん&あさみさんと型染めの勉強会をすることにしました!三人寄れば文殊の知恵!4人ならば心強い!!

実質はきちんと教室に通って、着実にお勉強をしているあさみさんに教わりながらですが(笑)ゆいさんのお宅で型染めの基本をお勉強、教わってきました!


型染めの手順①、図案に『糊置き』をしよう!

まず図案。型紙用の紙に、図案を描いて小さなカッターで彫ってゆきます。
型紙が完成したら、板の上に「粘着スプレーのり」をかけて布地をしっかり貼り付けます。

P5081242.jpg
写真左:防染糊(備長炭で色がつけてあります)
写真右:しっかり布地を板にはりつけるためのスプレー糊。


布地の上に型紙をのせ、さらに網をかぶせ固定して、糊を置いていきます。
ねとー-っとした糊を、へらで伸ばしながらのせてゆきます。

P5081244.jpg

P5081245.jpg
均等に糊をのせるのはけっこうムツカシイ。。。


手順②!「呉」をひきましょう!

糊が乾燥したら、次は「呉汁(ごじる)」を塗ります(滲み止めのためだったかな?)
呉汁は、1リットルの水に対して10~0CC入れます。
伸子針で、布をピンと張った状態にして、大きな刷毛で呉をひきます。

P5081240.jpg

裏も表も呉を塗ります。そしてまた乾かします。
この日はお天気が良かったのですぐにかわきました!


手順③!染めましょう!

呉が完全に乾いたら、いよいよ『染め』です!
まずはベースになる色を決めて地染めを行います。
染料はめちゃくちゃ濃いので水でうすーーく薄めます。

P5081254.jpg
さきさんは、やわらかい黄色で地染め中。。。

P5081260.jpg
ゆいさんは落ち着いたブルーでハンカチを染めてます♪

ムラなく均等に染めるのが難しい!
地色は好きな色の濃さになるまで、塗って乾かしての繰り返し。
地色に自分的OKが出たら、また乾かします。

P5081261.jpg
太陽が味方してくれて意外と早く乾きました!


布が乾いたら今度は部分を染めます。
糊が置いてあるところは、真っ白く残りますが、その周辺に色を加えることはできます。
ベースの色の上から、柄があるところに色を加えていきます。
ただし、たとえば青の地に赤い染料で花に色を入れると、青+赤で紫の花になっちゃいますので要注意!

染料を小さな筆にとり、一度ぎゅーっと筆から染料を落として、軽くポンポンと色を置きます。

P5081257.jpg


手順④仕上げ!!

染料が乾いたら、伸子針をはずして「フィキサーテン」という薬剤をかけます。
これで染料を定着させます。この薬剤はかなり強烈なので、扱うときにはゴム手袋必須!
フィキサーテンをかけたら、ビニールでくるみそんまま20~40分置きます。

P5081262.jpg


寝かせた布地がいい塩梅になったら、「中和液」をかけてから水洗い。
そして乾かしたら。。。完成~~!!!

ご飯食べたり、お茶したりしながら、一日がかりで作品完成しました!
とかいいつつまだ完成作品の写真はアップせずにおきます。
イイカンジに出来上がったらお披露目いたします~~☆

あさみ先生、一日本当にありがとうございました!
ゆいさん、長時間ご自宅を使わせていただいてお世話になりました!
来週の、型染め教室でまたお会いしましょう!!


以上、あきとさきの『型染め』勉強会レポートでした☆


読んでくださってありがとうございます、ぽちっとお願いします!

にほんブログ村
10:00  |  染色  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2013'03.13 (Wed)

染色教室に行って来ました!

今日は、おとなり佐賀まで『型染め』の教室に行って来ました。

教室というか、月に一度のサークル活動みたいな感じでしょうか。
染色をされているおばさまがたの集まりに交ぜてもらって、そこで『型染め』を教わっています。
ちなみに、お友達のゆいさん&あさみさんの和裁師コンビと一緒です☆

あきさきも、染色に必要なお道具を買い込んで、いよいよ本格的に染色デビュウ。
今日はまず、『型染め』に欠かせない『防染糊』の作り方を教わりました。


糊はそのままだと硬いので、水を少しずつ加えて適度な柔らかさになるまで混ぜます。
これがけっこうな力仕事!糊が重たい!!

P3131031.jpg


白いままの糊だと、白い布の上にのせたときにどこが糊を置いた場所かわかりづらい。
なので活性炭を少量混ぜて、グレイの糊を作ります。

P3131032.jpg


マーブル状態だった糊を根気強くまぜまぜすると。。。グレイの糊に!
『防染糊』完成です!!

P3131034.jpg


糊ができあがったので、さっそく白い布に彫ってきた型紙を置いて、糊を置きます。

まずは布の上に型紙をのせて、どこに置こうか、デザインを考えます。
(写真は、あきが彫った型紙。金魚ちゃんです。布は初心者向きの「シャンタン」。)

P3131035.jpg


決まったら型紙の上に、目の細かい網がはまった枠を置いて、さっそく糊置きします!

P3131036.jpg

糊を取り、上からすーーっとへらで糊を伸ばして、糊を均一に、しっかりと乗せていきます。
ちょっとでも防染できてないところがあると、そこから染料がしみこんできてしまうそう。

写真はあさみさんの作品。型が大きいので糊置きも大変!

P3131039.jpg

P3131038.jpg

ポイントはへらを斜め45度の角度ですーっと動かすことだそうです。
む、難しい。。。!!

糊を置き終わったら、ボイラー室で乾燥させます。
今日はココでタイムアップ!!
次回はいよいよ『染め』に入ります!楽しみー!

写真があきの彫った型紙です。縁起物の金魚ちゃん(出目金)。
もちろんオリジナルデザインですよ♪カワイイじゃなーい!ってほめてもらいました☆

P3131040.jpg

これを大判のハンカチサイズのシャンタンに、斜めに向かい合わせるように配置。

ちなみに、彫ってある白い部分は、糊を置いているので色が入りません。
地の色を染めたあと、糊を落として、そのあとちょっとずつ色挿しはできる。。。はず。

地の色、何色にしよう!?水色じゃつまんないよね、いっそ赤にしちゃう!?
地を赤にして、出目金ちゃんにちょっとずつ黒を挿してみる!?
考えるだけで楽しい!!


今日は、型染め教室が終わった後、着物友達ゆいさんのおうちにお邪魔しました!
そして、ゆいさんが、指のリハビリのために作っているストラップを作らせてもらいました。
先日ゆいさんからいただいた、『椿のストラップ』。周りで大人気になっているそうです。
好きな布を選ばせてもらって、ストラップの作り方を教わりました!

お針仕事が苦手のあきもトライ!!

P3131041.jpg
運針おぼつかず。。。

和裁師のあさみさんに、かーーなーーりの協力をいただきました。
。。。スイマセン(汗)

P3131043.jpg

ちくちく、ちくちく。。。意外と楽しい。
出来上がるものがカワイイと、針仕事が苦手なあきもモチベーションが上がります。
ゆいさんとあさみさんが先生だったら、あきの『家庭科』の評定はせめて3だったと思うの。
(もちろん5段階評価ね!・笑)

ちなみにこちらはゆいさんが作りためているストラップのパーツ。

P3131045.jpg

カラフル!カワイイ!まるで和菓子みたい!!

時間はかかりましたが、椿のストラップ、完成ー!!

P3131054.jpg

写真左がさき作。右があき作です。
さきはちょっと渋い色で椿を作りました、あきは趣味丸解りのピンクの椿ちゃんです。
もちっとしててとってもキューート!

ゆいさん&あさみさん、アリガトウございました!!
楽しい一日でした☆


愛のワンクリックお願いします!

にほんブログ村
19:17  |  染色  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012'12.05 (Wed)

型染め教室に行ってきました

今日は、朝早くから佐賀まで染色の教室に行ってきました☆

長く染色をされているおばちゃまがたのサークル活動みたいなカンジの教室です。
入会したはものの、しばらくバタバタしていて全く行けず。。。
今日、念願かなって行ってまいりました。

おばちゃまたちが、とーっても親切に教えてくれるのですが。。。
不慣れな頭はひたすら「?」「??」「?」の連続。

でも一番のおばあちゃん先生が。
「失敗してもいいよ、そのうちわかってくるから失敗していい」
。。。と行ってくれたので、月イチ通ってゆっくりとお勉強したいと思います。


今日の宿題は「スケッチしてそれを図案化する」こと。

これが意外と難しいんです。まず何を描いたらいいかわからない。。。
やっぱりはじめは、お花とか?風景はOK?動物は?

さんざん迷って、さきは『着物文様図鑑』をお手本に、水仙と椿を描いていきました。
あきも試行錯誤を繰り返し、結果、大好きな鬼灯(ほおずき)を描いてみました。


PC055086.jpg

。。。コレ、イケますかね??
おばちゃま先生に相談したらOKが出たので、下絵を図案化。
そして、型染めに使う、専用の紙に図案を描きます。
で、図案のとおり、漫画のトーンを張るのに使うようなカッターで細かく彫っていきます。

あきの、写真(↑)のスケッチは型紙にするとこんなカンジになりました。

PC055085.jpg


彫ってくりぬいたところが、白く残って模様になるわけです。
(ステンシルの逆みたいなカンジですね)

おばちゃまがたは、着物や帯も染めたりされるそうですが。
(着物を染めて、県展で賞をとられたおばちゃまもいらっしゃいます!)
あきさき初心者はまず一色染め。

あきは、地色を真っ赤に染めて、鬼灯ハンカチが作りたいなぁ。


さきさんの型紙はこんなカンジ。
椿と水仙という冬の花を図案化しています。
(そしてサインのかわりに”さき”の”さ”の字を彫ってます)

PC055084.jpg

おばちゃま先生方から褒められる出来栄えでした!


1月と2月は教室がないので、染めは3月からのスタートになりそうです。
色々とそろえなければいけないお道具もあるのでちょうどいいいかも。
ハンカチが出来たら、次はオリジナル手ぬぐいが作りたいな。

小さな野望が来年の抱負です☆


にほんブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
16:59  |  染色  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |