FC2ブログ

All archives    Admin

2011'08.18 (Thu)

8月の紅茶教室☆アイストパイナップルティーの作り方

福岡から長崎に戻ってきたばかりでバタバタですが。。。
今日はお隣佐賀県の有田まで行ってきました!月に一度の紅茶教室です。

今日は、「紅茶の製法」についてのお勉強。
そして夏場と言うことで前回に引き続き、アイスティーの入れ方を習いました。


「紅茶の製法」は、摘んだ茶葉が紅茶になるまでの工程。
本で読みかじった知識はちょろっと頭にあったけど、何ごとも「百聞は一見にしかず」。

まず製法についてのプリントに書かれていることの説明を詳しく教わって。
そして先生が実際訪れたスリランカのヌワラエリヤの茶園の写真を見せてくださいました。

標高1200メートルを越す場所にあるヌワラエリヤの茶園。
緑豊かな美しい風景。。。かと思いきや風景は風景でしたが写っている緑は全部お茶の木!
茶園の広さにビックリです!しかも広大な茶園の茶摘は全て手摘み。
茶園のところどころに突如お茶の木以外の木がニョッキリ生えているのですが。。。
これは「ココからあの木のところまで今日は摘むよ」という目印だそうです。
そうして摘んだお茶の葉っぱが、紅茶になるまでの過程が以下。

摘採(お茶を摘む)→委凋(陰干しして水分を飛ばす)→揉捻(茶葉を砕いて酸化発酵させる)
→発酵→乾燥(急激に乾燥させ酸化をとめる)→等級区分(ふるいにかけて茶葉のサイズを整える)
→配合(ティーブレンディング)

ひとつひとつを写真で見せてもらって痛感。
中学生の頃、アタイはインドアッサム地方の茶摘体験に行きたかった。。。
が、それがこんなに過酷なものだったとは!甘かった、アタイ甘かったよ!
半端な気持ちで挑んじゃダメですね。


紅茶の実習は、前回教わったアイスティーのバリエーションティーの復習もかねて。
再び「セパレートティー」にチャレンジ!
『アイストパイナップルティー』の作り方☆を教わりました。

レシピ。
茶葉(キャンディ・ニルギリ・ジャワ)
パイナップルジュース(一人分40CC)
ガムシロップ(10CC)
パイナップルスライス(3~4枚)

①アイスティーベースの紅茶を入れる(2倍の濃さのホットティーを作る)
②グラスにパイナップルジュースとガムシロップを入れる。
③氷とパイナップルスライスをグラスに入れる。
④アイスティーベースを、氷に当てるようにしながら注ぐ。

これで完成!

P8182145.jpg

見た目も二層に別れて美しい、さっぱりとした爽やかなアイスティーです。
せっかくのセパレートですが飲むときには、ジュースと紅茶をよく混ぜます。

今日のお菓子は、小豆入りのコーヒーゼリーと抹茶のフィナンシェでした。


そして毎度見事な先生のテーブルコーディネイト。
テーマは「少しだけ秋を感じて」

P8182141.jpg

テーブルクロスはダブルクロス。
アイボリー(象牙色)のクロスに、光沢がある銀色っぽいトップクロスを重ねて。

P8182143.jpg

アイボリーのプラスチックのプレートに、ガラス製の27cm皿。
さらにアイボリーの漆器の器が置いてあります。
「アイボリー(象牙色)」でテーブル全体がきれいにまとまっています。
ナプキンに亜麻色を持ってきて「秋の雰囲気」を演出。

けれどガラスのお皿に、シルバーのカトラリー。
添えてあるお箸はアクリル、箸置きはガラス製。
こちらは涼しげなものを使ってあります。


P8182144.jpg

センターピースは、アイボリーのふが入ったカラジウム。
活けてある器は、漆器。『変わり根来(ねごろ)』というものだそうです。


来月は「テーブルコーディネイトの基本」を教わります。
最近、ちょっとずつ興味が湧いてきたテーブルコ-ディネイト。
それだけに来月が今から楽しみです!

いつか自分で工夫してテーブルも飾って、紅茶を入れて小さなお茶会がしたい!
お茶会の名前は「3月うさぎのお茶会」でキマリ☆




にほんブログ村に参加しています。よろしければポチッとお願いします!!

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
にほんブログ村
18:41  |  紅茶教室  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |