All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2013'05.23 (Thu)

「東西落語名人 三人会」に着物でお出かけ   さき

昨日は長崎市のブリックホールで開催された『東西落語名人三人会』へ行ってきました。

平日の昼間だというのに、席はいっぱいに埋め尽くされていました!
さすがの人気ですね、お三方!


前座は三遊亭楽大さん。
「楽大」さんというお名前、実は二代目なのだそうです。
「楽大」初代はあのなんと伊集院光さんだったんだそうです!
伊集院さんに続き2代目楽大さんもふくふくした(笑)方でした。


前座が下がり、トップバッターは桂歌丸師匠。
演目は『おすわどん』。
骨皮の。。。いえいえ細い体ながら、放つオーラは半端ないです!!
頭だけじゃなく、全身輝いていらっしゃいました(笑)


次は三遊亭円楽師匠。
円楽さんを見に行ったのはこれで三度目ですが、毎回楽しませていただいてます。
演目は『猫の皿』でした。


トリは桂文珍師匠!
風貌は若い時とお変わりなく、上方の落語を堪能させてもらいました。
演目は「けんげしゃ茶屋」、たくさんの登場人物の演じ分けが素晴らしかったです。

ああもう笑って笑って、しわが増えてしまった~~~!!


落語を見に行くときは和装で行くことにしているので、今回も着物で行ってきました。
でも、落語ってちょっと粋とか渋さとかが似合う気がするので、華やかな着物は着ません。
(って言うか、私は華やかな着物は着ることが少ないので普段どおりですが。。。)


P5220622.jpg

着物は薄い紫の縞に、細かい傘の模様がびっしり染められた小紋です。
「え?傘、どこ!?」って方のために柄を拡大!

P5220629.jpg

ね?傘の閉じたのや開いたのがびっしりです。
ちなみに、半衿はレースです。下には絽の半衿をつけています。

あわせた帯は、濃い赤紫地に撫子の花の単帯です。
帯揚げはさし色として渋い濃紺をチョイス。
帯締めはちょっと細めの柄ものを選びました。

P5220624.jpg


足元は、お気に入りの下駄。粋な縞柄と赤いツボがお気に入りです。
ホールなどは草履が良いとは思ったのですが、裏にゴムが貼ってあって音はしないのでOKでしょう。

P5220627.jpg


着物は単衣、帯も単、半衿も薄めのレース。
ちょっとフライング気味のコーデですが、体感温度としてはぴったりでした。
やっぱり九州でこの時季に袷はシンドイようです。



以前は落語に興味がなかったあきも最近楽しさを知ったようです。
母娘ふたりで、着物で落語を楽しめるなんて幸せですね。
また機会があれば着物で聞きに行きたいと思います。


ぽちっとお願いいたします 


にほんブログ村
関連記事
10:29  |  コーディネイト  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pinamama.blog96.fc2.com/tb.php/2700-0f1f6fe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |