All archives    Admin

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2013'06.24 (Mon)

六月博多座大歌舞伎、観劇で感激!

スゲーつまんないギャグから始めちゃってスミマセン。
先日から引っ張ってまいりましたコチラのお話。

『六月博多座大歌舞伎』観に行って参りました~!


今回は着物友達の和裁士コンビ、ゆいさん&あさみさんと一緒に。

P6230707.jpg
ランチ中。中洲川端の博多リバレインにある『お米カフェ』にて。


観に行ってきたのは、夕方からの夜の部ですがその前に!
赤煉瓦文化館というおっしゃれーなコチラの建物で、観劇前に円純庵先生による歌舞伎について、今回の演目についての講話を聴いてきました。

P6230711.jpg


円純庵先生。
P6230731.jpg

相変わらず、純庵先生のお話は面白いです。飽きない、眠くならない、わかりやすい!
生徒の居眠りに頭が痛い学校の先生方、コツを教わってみたらいかがでしょうか!?(笑)

歌舞伎ビギナーにも楽しく、ツウの方にはさらに詳しく、歌舞伎について、今回の演目について、演目の見所。
そして歌舞伎につきもののあの掛け声「大向う」のかけかたについてレクチャーしてくださいました。
役者さんにとってもうれしいらしい『大向う』、さてあきとさきに言えるか!?言えるのか!?(笑)


移動の前に、せっかく写真がありますので、お着物のコーデのご紹介を。
P6230713.jpg

ゆいさん&あさみさん、お二人とも可愛いお着物姿。
ゆいさんはアンティークの絽の着物にキュートなハンドメイドの半幅帯。
あさみさんは、ご自分で仕立てた素敵なバラ柄の久留米絣、さすが和裁士さんですね!
あきは意外とシックでございましょ?な絽の色無地に、白地の夏帯です☆

さきさんはオトナ!な白地に孔雀の、絽の訪問着。帯はきりりと博多織です。

P6230736.jpg



さあ、では、いざいざ博多座へ!
P6230738.jpg

P6230737.jpg



「大向う体験」のため三階席の最後列に陣取りまして幕が開くのを待ちます。
3階席、舞台からは遠いのですが、役者さんお姿が豆粒なんてことはありません。
そして3階席って1階席のチケットの半額くらいで見れてしまうのですね。

『大向う』かけるツウは一階席にはあまり座らないらしいですぜ☆
そういえば1階席はわりと静かですね。
一度、一階席で観劇した折、近くの席のオニーチャンがやたらお隣の女性にウンチク語ってて、大向うかけてたんですけどね、周りはちょっと迷惑そうにドン引きしておりました。


その点三階席は賑やか!
幕が開いて役者さんが登場したとたんあちこちで飛び交う「澤瀉屋(おもだかや)!」
これが威勢がいいったら!聞いてて気持ちがいいくらいです。


ひとつめの演目は『小栗栖の長兵衛』。
主役長兵衛を香川照之さん、いえ九代目市川中車さんが演じました。
小栗栖村の鼻つまみ者、長兵衛をパワフルにそしてコミカルに演じてらっしゃいました。

幕間をはさみ、次は口上。
そのとき現れた幕に、思わず感動!長崎の英雄、福山雅治さんが贈った白幕だったのです。

P6230741.jpg
これも見れて良かったもののひとつです。

ズラリ並ぶ裃姿の役者さんたちが次々と、二代目市川猿翁(博多座公演は体調不良で休演でしたが)
四代目市川猿之助、九代目市川中車、それぞれの襲名に口上を述べます。
横一例に役者さんたちが並ぶ絵は壮観でした!


そしてまた幕間。
幕の内弁当と、さきさんが仕入れてきたビールで一休み♪
次は舞台は、せり出してくる舞台装置と有名な台詞が見物。
『楼門五三桐(さんもんごさんのきり)』。

春の南禅寺の大舞台で、中車さん演じる石川五右衛門の台詞は一度聞いてみたかったもの。
「絶景かな、絶景かな。春の宵は値千両とは、小せえ、小せえ。この五右衛門の目からは、値万両、万々両……」
。。。。。。カッコエエーー!
台詞まわしがカッコイイです、五右衛門!!


再び幕間があり、次がラストであり一番楽しみでもあった『義経千本桜』。
ぶっちゃけて話の込み入ったところがわからないビギナーには前半は「?」が多くて眠くなりがち(汗)
しかし後半!市川猿之助さま見せ場です!!

人の姿から、本性である白い子狐に一瞬で変わる「早替り」!
その子狐を演じる際の、声と姿の愛らしさったらありません。
もーー、「清姫」役をされたときも感じたことですが、なんで猿之助さま、こんな可愛いの!?

そしてちょいと無粋な申し方になりますが身体能力高すぎ!!
舞台の欄干を狐の演技をしながら渡る「欄間抜け」という見せ場。
まったくブレない「体幹」と足腰の強靭さには感動してしまいました。

そして最大の見所「宙乗り」!!
ワイヤーで宙につられた、猿之助さま演じる白い子狐が花道を上がっていく見せ場です。
純庵先生が講話で教えてくださった「素人でも大向うをかけられる最後で最大のチャンス」!
飛び交う「澤瀉屋(おもだかや)!」「四代目!」「猿之助!!」
言うのよワタシ!頑張れワタシ!さきは横でやってるじゃない!!
そう、さきは「おもだかや!」って二回も言ってたんです!
ヘタレあきは口パク。。。先生の言う「池の鯉状態」でございました~~!!

。。。でもいいの。ものすごーーく面白かったから!!
とくに最後の、「宙乗り」は白い照明と桜吹雪の中で猿之助様のお姿が白く輝きとても美しかった!
帰りの地下鉄乗ってる間も、ふたりして興奮しっぱなしでした。
もう一回観にいきたいな~~!!


こうして『六月博多座大歌舞伎』観劇は、感激!!のもと幕引きと相成りました。
大変長くなりましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました!



ランキングに参加中です。ぽちっとしていただけると嬉しいです!! 

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
関連記事
20:43  |  お出掛け  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pinamama.blog96.fc2.com/tb.php/2721-ac35af26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |