All archives    Admin

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2015'06.15 (Mon)

太極拳陳式講習会

アイタタタ。。。太ももが軽い筋肉痛です。体中なんかギクシャク。
と、いうのもあきさき、昨日は太極拳の『陳式』の講習会を受けに行ってきたんですね。
9時半から4時半まで、1時間のごはん休憩を挟んだ以外はほぼ動きっぱなしの一日。
そらー筋肉痛になるわ。なりますとも。日ごろの運動不足を実感しましたよ。

「陳式講習会」は、陳氏太極拳第二十世伝人でいらっしゃる陳沛山先生じきじきの講習会。
『陳式」については詳しくはコチラをどうぞ→『陳氏太極拳協会
本物の太極拳の大家の先生に直接教わることが出来る貴重なチャンスです。
(ちなみに前回の講習会は6年前でした)
足が痛くっても、ここで頑張らないわけにはいかないのですよ!

陳先生は物腰も穏やかで、細かな基礎から本当に丁寧に指導してくださいます。
50名超の講習会の参加者ひとりひとりを見て、間違っているところをきちんと修正してゆかれます。

あきも、カンチガイしている箇所が何箇所もあり先生に直していただいたのですが。。。ドッキドキ!
だって大家の先生から見てもらえるだけでも光栄なのに直接指導してもらえるなんて!
ちなみに陳先生は色白で長身のきれいな男性。余計にドッキドキ!(笑)
いやいや笑っている場合ではないのだわ!
陳先生の講習会を受けられる機会は多くはない。短い間で少しでも学ばねば!

普段オフザケばっかりやってるあきですが、『着付け』と『太極拳』には全力投球。
だってね、ワタシ、太極拳大好きなんだもの。
いつも逃げ腰な自分が唯一、逃げずに弱音吐かずに頑張れるのが太極拳。
ワタシ、太極拳をするときは絶対に「できない」「わからない」を口にしないと決めてるんです。
そう言ってしまったら本当に何も出来なくなりそう、わからなくなりそうだから。。。

ワタシは飲み込みが悪いし、お世辞にも「出来る子」ではありません。
なので始めた当初はよく「わかんない!」と言ってました。
でもいつからか、どんなにわからなくてもとにかく動いてみるようになりました。
わからないならわかるまで練習すればいいじゃないか!と考え方が変わったんです。
ワタシ、自分で言うのはおこがましいけど意外と「努力の子」なんです。
昔、さきさんから「努力できるのも才能のうち」と言われたことがあるのですが。。。
本当にそうだな、と思います。ワタシ、何の才能もないけど、努力を惜しむ気はないんです。

。。。と、いうわけで一日、大好きな太極拳三昧な時間を過ごしてきました!
陳先生のご指導で、目からウロコがぼろぼろ、新たな発見が沢山あった講習会。
最後に陳先生が表演をしてくださったのですが。。。あまりの美しさに本当に感動。
物腰が柔らかな先ほどまでの陳先生とまるで別人!すごい迫力でした!
この表演が見れただけでも、今回の講習会、本当に行った甲斐があった!素晴らしかったです。

どうしても一日のお礼が言いたくて、あき、終わった後に陳先生にご挨拶に行ってきました。
そしたらなんと!陳先生がワタクシのことを覚えていてくださったのです!!
えーー!?前回講習受けたの6年前ですよ!?
なのにこんな小娘のことを覚えていてくださった!!めっちゃうれしかったです。
ますます、太極拳頑張ろう!!って思いました。次回の講習会も絶対に参加するんだ!

足はパンッパンで痛むけど、気持ちはすごくシャンとしてる。
陳先生、本当にありがとうございました!!


にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
関連記事
04:10  |  太極拳  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

同門の弟子さん

コメントありがとうございます!
陳先生直々のご指導、本当に貴重でありがたかったです~~!
今回は、「四正」全部と、少しだけ「一路」を教わりましたよ!
「一路」は難しいけどとても面白いのですね☆

模範表演は「一路」を見せていただきました!
本当に美しく迫力ある表演で眼福でございました。
次の講習会はぜひご一緒できることを願っております!
あき | 2015年06月18日(木) 15:40 | URL | コメント編集

講習会お疲れ様でした!

 陳先生直々の指導、本当に貴重な体験でしたね。ワタシは用事で参加できなかったけど、基礎をとりわけ大事にされる先生だけに、得るものも多かったでしょうね。
 
 そして優美で迫力に満ちた模範表演!以前は「一路」を丸々見せていただきました!周囲の空気まで変質してしまいそうな迫力でしたよ。

  陳先生も福岡在住なので、また機会もあるでしょう。この次は一緒に習いたいものですね。
同門の弟子 | 2015年06月17日(水) 23:59 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pinamama.blog96.fc2.com/tb.php/3156-95157a0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |