All archives    Admin

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'01.23 (Mon)

大事なことはこの一冊が教えてくれた

風邪っぴきがいつまでも治らずゴホゴホ咳が止まらないあきですコンバンワ。
熱は下がってるんですけどね、咳がしつこくってしつこくって。。。
「スリムクラブ」の真栄田みたいなカスカスの声で喋ってます。
おしゃべりなので、つい回復しかけの喉を酷使して。。。の無限ループです。
誰かワタシを一発殴って(笑)

あまりお外にも出られないのでベッドの上で着物の本をよく眺めています。
先日は『KIMONO姫』の創刊号でしたが、今日は特別大好きな一冊。
『紅絹‐キモノガールズグラフティ』を。

momi.jpg

この本の、スタイリスト青木千英さんのスタイリングが昔から大好きで!!
初めて見た時にすごーーく衝撃を受けたのを覚えてます。
『紅絹』の一冊目を本屋さんで偶然見つけて、表紙があんまり可愛くってビックリしました。
しかもその本の表紙の撮影場所が、地元長崎だったんです!!
着物と長崎の町の馴染み具合に、あき、本屋でじっとそこから動けなくなるくらい感動。

青木千英さんのスタイリングのすごさって、着物が「わかりやすく」可愛いものでなくても。。。
つまり着物単品で見た時にそんなに魅力的でなくても、可愛くオシャレにしちゃえるところ。

あきはそれまでとにかく柄を見ただけでカワイイ!って体温が上がる様な着物が好きだった。
つまりハデハデなアンティーク着物一辺倒だったんですけど、考えが変わりました。
セミアンティークや、わりとフツウの小紋柄でも、着方ひとつでこんなにオシャレなんだ!!
。。。って着物の第2ステージの扉を開けた気分でした。

ちょっと地味かな?と思って敬遠してきた着物に、その日あきは土下座しました(笑)
「申し訳ない!あなたが可愛く見えないのは私の力量不足でした!!」って。
袖丈が長くない、色あいが派手でない、苦手だった柄がぎゅっとしてる着物も。。。
みんなみんな、なんてカワイイの!!着物ってカワイイ!!
可愛く見えなかったらそれはワタシの着方が悪いのよ!!
。。。。と急に着物博愛精神が芽生えた瞬間でした。

それまで色無地なんてオシャレと思ったことなかったけど、よく見たら違う!
色無地っていっても、無地縮緬もあれば紋縮緬もあり、華やかな綸子もあり。。。
細かな地模様が浮き上がってたり、はっかけにちょっと工夫があったり。。。
それぞれに個性があるのです。それぞれに魅力がある。
そしてなによりも、無地の着物は帯の魅力を引き出してくれる!!
挿し色に使える帯締め・帯揚げの幅を広げてくれる!!
すっごく包容力がある着物だったのね!と気が付きました。

青木千英さんの本、『紅絹』シリーズはそんなわけでワタシのバイブル。
この本はそれまでのワタシの着物に対する熱をぐっと引き上げてくれた一冊なのです。

写真のロケーションも、着物のスタイリングも、すっごく素敵で何度見ても飽きないなぁ。
アンティーク着物に興味がない方も、ぜひご一読。新世界の扉が開きますぜ!!


ブログランキング参加中です!ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村

関連記事
23:30  |  好きな本・映画・音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pinamama.blog96.fc2.com/tb.php/3435-fed46f92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |