All archives    Admin

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017'05.23 (Tue)

夏の贅沢☆浴衣のお仕立て

我が家では、浴衣は当然のように「お仕立てするもの」でした。
あきと妹が幼い頃からそうです、既製品は殆んど着たことがなかったです。
浴衣は、呉服屋さんに行って反物を選び、マイサイズでお仕立てしてもらうもの。
サイズが変わる度に、夏が来るたびに、母さきさんは娘二人に浴衣を作ってくれてました。

。。。。。。今考えるととんでもない贅沢ねッッ!!!
毎年のように浴衣をお仕立てしてたなんて、なんて贅沢な子供時代なの!?
こどもサイズの浴衣とは言え、呉服屋で仕立てたらウン万円が軽く飛ぶわよ!?
リサイクルに慣れた今、新品の既製品を買うのだってためらうってのに。。。(;'∀')
夏に一回着るだけの浴衣にそんな大金を。。。申し訳ねっす。。。

でもね、良いコーマ地のマイサイズ浴衣だからすごく着心地が良かったのは覚えてる。
確か小学5年生くらいの時、着てた浴衣はとびきりお気に入りでした。
真っ青の地に、お花がどんっと柄付けされた大胆なコーマ地の浴衣。
その浴衣の鮮やかなブルーが、紺色やピンクの浴衣が多い中、特別な感じがあったのです。
今でも、あの浴衣もっかい着たいなぁって思います。

綿紅梅、綿絽、セオα、絹紅梅。。。
浴衣にはイロイロな素材があるけれど、あきはやっぱりコーマ地が好き。
ちょっと重くて、でも体にすっと馴染んでくれて、柔らかい。
大人になって初めてお仕立てした浴衣も、コーマ地でした。
反物から自分で選んで、和裁士さんにお願いして仕立ててもらった浴衣。
深いブルーに葡萄の葉っぱが染められた注染浴衣は今でも大のお気に入り。


こんなカンジでカッコよく着てみたいなぁ♡

もちろんモダン柄のブランドの新作浴衣にも興味はあります。
浴衣にも流行がありますからね。毎年チェックはするんです。
でも結局、ココに戻ってきちゃうんですよね~。古典柄のコーマ地浴衣。
もうあきのDNAに、『浴衣はやっぱコーマ地』が刷り込まれてるとしか思えない!!(笑)

これが欲しい!!って喉から手が出る浴衣って、後は憧れの「雪花絞り」くらいかしら。
反物だけで5万近くする雪花絞りの浴衣。。。お高いけれども憧れ。。。
いつか着たいな~って夢見ております。

あき「ね、母よ、私が35歳までに結婚しなかったら雪花絞り買って♡」
さき「はぁ!?逆じゃないの?結婚祝いに雪花絞りじゃないの!?」
あき「。。。。そうしたら私は永遠に雪花絞りが着られないかもしれないじゃない!」
さき「あっ。。。。(;'∀')」 
。。。。あき、33歳。結婚の予定は当然白紙。

二年後にあきが雪花絞りの浴衣姿でブログに登場したら察してください。
。。。。ああ、嫁にいけなかったんだな、と。
。。。。ココ、笑うところですからねッッ!!!


ブログランキング参加中です!ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
関連記事
23:28  |  着物&小物  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pinamama.blog96.fc2.com/tb.php/3509-eb5a8ede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |