FC2ブログ

All archives    Admin

08月≪ 2019年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2019'07.31 (Wed)

「氷艶2019」IN横浜アリーナ(さき)

横浜旅行の記事に続きまして、今回の横浜旅行のメインイベント。。。
『氷艶』のレポートを、さきがお送りいたします!

あきさき、実はけっこうなフィギュアスケートファン(オタク)でして。。。
特に、高橋大輔さんは昔からのイチオシであります(*'▽')!!
でも九州に住んでると、なかなかフィギュアスケートを生で観る機会がなくて。
試合もアイスショーも、もっぱらテレビ観戦やYouTube観戦でした。。。(´・ω・`)

そんなある日、「氷艶2019」のポスターを目にしちゃったんです。
そのポスターを見た時から、絶対見たい!!と思って、先行抽選に申し込みました。
スーパーアリーナ席は全部はずれたのですが、アリーナ席が一日だけ当りました!!
ああ。。。生高橋大輔だよ!!ランビ先生(ステファン・ランビエール)だよ!!
わくわくしながら、この日を楽しみに待っていました。


「氷艶」は高橋大輔さんを主演にスケートと日本文化の融合をテーマに開催されたアイスショー。
前回の「氷艶」は歌舞伎とのコラボでしたが。。。
今回は源氏物語をモチーフに宮本亜門さんが演出をされたミュージカルの要素の強い作品です。
テーマ曲は、ギタリストの松本孝弘さんの演奏。
さらにキャストは、トリノ五輪の金メダリスト荒川静香さんに、鈴木明子さん、織田信成さん。
トリノ五輪銀メダリスト、ステファン・ランビエールさんに、ロシアからユリアリプニツカヤさん。
なんて、豪華なんでしょう!!


hyouen1.jpg


前日に横浜観光を存分に楽しんだ、あきさきは朝から元気いっぱい!!
でも、外に出てみると曇りの予報を裏切って、ギラッギラの太陽が。。。。(;´Д`)
とりあえず、会場の横浜アリーナまで行ってみました。
朝の9時半くらいについたのですが、もう並んでらっしゃるファンの方が!
開場の一時間半も前なのに!どうやらグッズ購入のためらしいです。
並んでる場所は、きつい日差しがガンガンにあたってて。。。
あきさき、さっきまでの元気はどこへやら、すごすごと日陰へ。

でも、ただじっとしていられないので、屋外のパンフレット売り場のお兄さんに話しかけてみた。
「並んだ方がいいですか?(まだ、だれもこちらは誰も並んでいないので)」
「いや、大丈夫ですよ!ここはパンフだけの販売なので並ばなくても大丈夫です」
とのお返事でした。
パンフは中でも売ってますが他のグッズと売り場が一緒なのでなかなか買えないのだそう。

パンフ売り場で、あれこれお兄さんと話しているうちに、予想以上に人が増えてきて。。。
売り場の周りにずらっと人が集まったので、結局10時には並ぶことになりました。
最終日なんで、当日券売り場も長蛇の列。入れなかった方もいたようです。
私は、一番にパンフをゲットして、余裕の笑み。

yokohama2.jpg

せっかちなさきは、そのまま入場の列にならびました。
炎天下ひたすら、大輔さまを想って涙ならぬ汗をだらだら。。。
あきは「席が決まってるのに、ならばんでもよか~~」と日陰で休憩。
でも、早めに並んだおかげで、欲しかったグッズも購入できました!

そして、席についてみてビックリ!近いじゃ~~ん!
実は、当日まで自分の席がどのくらいリンクと離れているのか見当もつかなくて。
新しく購入したオペラグラス持参で入場したのですが。。。
これだったら肉眼で大輔さま拝めますがな!
幕が上がるまで、満席の会場を見渡して、ああ来て良かったとしみじみ思うワタシ。

yokohama3.jpg

「氷艶」の感想を書きたいのですが、胸がいっぱいでまとまりません。

大輔さま、すっごく身体を絞ってきてて、まるで少年のような佇まいでした。
33歳の高橋大輔ではなく、そこには「月光かりの如く」輝く光源氏がいました。
初めて挑戦したという台詞も、歌も、驚くほどの巧さで、才能と努力の賜物でしょう。

ステージそのものも、演出照明すべてがすばらしくて、特にチームラボの演出はすごかった。
氷上が町になったり、野となったり、そして圧巻は海と波の演出でした。
大輔さんが台詞や歌に挑戦したのと同様に、役者さんはスケートに挑戦されてて。。。
皆がそれぞれに挑戦をすることで、一つの作品を作り上げたことが伝わってきました。


秋になるといよいよ本格的に、フィギュアスケートのシーズンです。
昨年現役復帰した大ちゃんが、今年はどんなスケートを見せてくれるのか今から、わくわく。
そしてまた「氷艶」が上演されることがあれば、必ず駆け付けたいと思っています。

長文にお付き合いくださってありがとうございました。
以上さきによる、「氷艶2019」の感想レポートでした。


ブログランキング参加中です!ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
関連記事
16:09  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pinamama.blog96.fc2.com/tb.php/4059-07705af5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |