FC2ブログ

All archives    Admin

11月≪ 2019年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2019'11.11 (Mon)

『KIMONOanna.』買いました☆

遅ればせながら!『KIMONOanna.(キモノアン)』を買いました!
キモノファンの心を掴んで離さない、あの『KIMONO姫』がリニューアル。
『KIMONO姫』とはまた少し違った魅力を備えた一冊になっていました。

kimonoan.jpg

創刊記念特別付録は「大判シルク調スカーフ」!デザインが可愛い!

読んだ感じ、正直着物のスタイリングはあまりワタシには響かなかったです。
ワタシは初期の頃の『KIMONO姫』のごちゃっとしたスタイリングが好きだったので。。。
なんというか、オシャレすぎる感じがして、ちょっと気持ちが引いちゃったんですよね。
「田舎者が上京して初めて銀座に来た」ときの感情に近いんじゃないかしら。
初期の『KIMONO姫』を初めて見た時のような衝撃はなかったなぁ。。。(´・ω・`)
ものすごく惹きつけられて「こんな風に着物が着たい!」と思えなかったのです。
個人的には、もうちょいダサいぐらいの、親近感が持てるスタイリングが好きかな。

でも、樹木希林さんの特集ページががっつりあったのはめっちゃ良かったです!!
昔『KIMONO姫』で掲載された記事に、加筆修正がされた特集ページ。
樹木希林さんが「四季」をテーマに4枚のお着物をきてらっしゃるんですが。。。
もうどれも素敵すぎて、フワァァァァァ!!ってなります。←語彙力なさすぎる(笑)
着物に対するこだわりやスタンスなど、本当にカッコ良いです。
「(着物のコーデで)いいものを活かそうと思ったら、まわりは殺す」。。。とか。
なにそれ!カッコ良すぎる!やだもう惚れちゃう(*´Д`)!
でもその一言だって、あの生き様あってこその「カッコ良さ」なんだろうなぁ。

ワタシ、樹木希林さんが出演された『日々是好日』という映画がとっても好きで。。。
主演は黒木華ちゃん、樹木希林さんが演じられたのは茶道の先生の役でした。
映画館に観にいったんですけど、日本の美しさが凝縮されてて。。。
静かな映画なんですよ。でも、なんというか、涙が出るほど感動しました。
『シン・ゴジラ』4DXを観ながら寝ちゃうこのワタシが!←ヒドイ。。。(~_~;)
眠るどころか、瞬きも忘れるほど惹きこまれた映画です。オススメですよ。

話が脱線してしまいました。。。
そして本線への戻り方がわからなくなってしまいました(笑)

『KIMONO姫』がリニューアルした『KIMONOanna.』。
オシャレ着物女子には、ざくざく刺さるスタイリングがあると思います。
あと樹木希林さんの特集ページは絶対読むべし!です!!
以上!!乱暴だけどここいらで終わります!(笑)


ブログランキング参加中です!ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
関連記事
19:05  |  好きな本・映画・音楽  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

めるるさん

ご来訪、そしてコメントありがとうございます!

私が「kimono姫」を読み始めた頃(10年以上前になりますが)
なによりワクワクさせられたのってあのスタイリングもそうなんですが。。。
なにより着物も小物もプチプラだったことが大きかったように思うんです。
最近の「KIMONO姫」にときめかなかった理由ってコーデについていけないのもありますが。。。
なによりも、これ素敵だな♡と思ったものが、それなりのお値段するんですよね(;'∀')
そこが貧乏性(笑)の私には合わなくなっちゃったのかも、と思います。

めるるさんの仰る通り、「KIMONO姫」って刊行年数が長かったですよね。
マンネリ化は、目新しいものを取り入れないと新鮮味がなくなって。。。
読者が飽きてしまうという背景もあったのかもしれないですね。

飽きられないよう工夫して、長く刊行を続けているというのはやはりスゴイな、と思います。
これからの「キモノアン」がどういう路線で行くのでしょうね??
「KIMONO姫」のように、素敵な着物雑誌として続いて行ってほしいですね♪
あき | 2019年11月17日(日) 10:09 | URL | コメント編集

着物雑誌

これって、kimono姫のリニューアル本だったんですね。
今、初めて知りました。
kimono姫も初期の頃のものを読むと面白いのですが
近年のものだと、やっぱりコーデが奇抜なだけ・・みたいになってしまって
amazonのレビューでも評判がいまいちになってましたね。

着物ものだけでなく、雑誌って刊行年数が長いとどうしてもマンネリになってしまって
同じような記事を一年ごとに繰り返す形になってしまうのは致し方ないのかなと。

着物雑誌って他だと七緒や、うつくしいキモノくらいしか思い浮かばないから
やっぱり頑張って刊行を続けてほしいですね。
めるる | 2019年11月16日(土) 15:16 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pinamama.blog96.fc2.com/tb.php/4137-75847f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |