FC2ブログ

All archives    Admin

03月≪ 2020年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2020'02.15 (Sat)

茶道のお稽古‐もてなすということ-

昨日の夜は、茶道のお稽古に行ってきました。
先週、風邪引きでお休みしてしまったので2月の初稽古でした。

昨日は基本の「炉」の濃茶手前をお稽古させていただきました。
相変わらずお点前が不安定なワタシです。。。(^_^;)
ひとつ気を付けてはひとつ忘れ、覚えたことがところてん式に抜けるのは何故??

先生はよく「頭で覚えなくていいの、身体が覚えていくから」って仰います。
おかげで覚えの悪さに焦らずゆっくりと、お稽古に通ってきたんですが。。。
気が付けば、茶道を習い始めて10年以上。。。ちょっとゆっくり過ぎやしない??
覚えが早い方は、なんでもないようにするするとお点前されるのにワタシときたら!

ワタシは20代前半で茶道を習い始めてから、ずっと同じ先生に教えていただいています。
まさかこんなに長い間、自分がお茶を習い続けているとは思いませんでした。
最初は着物を着た時の所作の美しさを身につけたいと思って始めたんですけどね。
今は茶道そのものを、「楽しい修行」と思い続けています。

ワタシが師事する先生のご指導は、とても細やかで丁寧。
お茶室での姿勢、歩き方や歩幅、お点前の速度、お道具を扱う指先までの意識etc。。。
先生はいつも気づいたことがあれば細かに指導してくださいます。
そしてキレイに出来ているところは、とてもよく褒めてくださるんです。
叱られると委縮するワタシのような豆腐メンタルの人間にとっては本当にありがたい(笑)

最近、お点前を覚えることに必死だった頃に比べると少しゆとりが生まれたように思います。
(でもお点前の手順間違うから「ゆとり」持ってる場合じゃない?のかも??)

お点前をするときは一番に「おもてなし」の気持ちを意識するようになりました。
美味しいお茶を飲んでいただきたい、そのためにひとつひとつを丁寧に行う。
お点前には、お客様への思いやりの心が無駄なくやまほど詰まっています。
そう思うと、お茶を頂くときにも自然と「ありがたい」と感謝の気持ちがわいてきます。

お茶室は、振る舞う側と受ける側、互いの気持ちを受け渡しあい交流する場所。
ワタシには、お茶室、お茶会というものは、そのように感じられるのです。

色々と考えていたら、お抹茶が飲みたくなってきたのでちょっとティータイム。

sadou1.jpg

お菓子は縁起の良い「鶴と亀」の和三盆です。
口に入れるとじんわりと溶けてく♡美味しい♡

この抹茶椀は、昔オトンさまが滋賀のあたりで買ってきてくれたもの。
実は当時、ワタシとオトン様、家庭内でゴチャゴチャ喧嘩が絶えない時期でした。
それでもオトンさま、旅先でこのお茶碗を買ってきてくれたのです。
旅先で一瞬でもこのうるさい娘の顔を思い出してくれたのかなぁ?って。。。
そう思うと、じんわり嬉しくて。。。今も大事に使っています。


明日は、先生お茶会に出席されるそうで、朝から着付けのお手伝いに行ってきます!
ふだんお世話になってばかりなので小さな恩返しをさせて頂きます。
朝が早いのでそろそろ寝なくては!!
長文にお付き合いいただいてありがとうございました。


ブログランキング参加中です!ぽちっとお願いします↓
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
関連記事
23:54  |  茶道  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://pinamama.blog96.fc2.com/tb.php/4228-e8966c5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |